ジプシー・ローズの享年

 a0248606_11472932.jpgジプシー・ローズが山口県防府市のスナック・ジプシーの二階で倒れたのは一九六七年(昭和四十二年)四月二十日だった。急性心不全。極度のアルコール中毒が起因していた。
 その享年を『Nichigeki Music Hall』や橋本与志夫『ヌードさん』は三十二歳としているが、これに対して小柳詳助『G線上のマリア 』というジプシー・ローズの伝記が三十五歳と四か月で亡くなったとの異説を示している。
 同書によるとジプシー・ローズすなわち志水トシ子は一九三一年(昭和六年)十二月十八日金曜日に福岡県大牟田市で産声をあげ、一九三八年四月に市立第七尋常小学校に入学、一九四四年に私立不知火高等女学校に入学している。著者は小学校時代の担任のメモや女学校二年生時の通信簿を捜し出して証左としており、享年は小柳の説くとおりとなるだろう。
 志水トシ子が上京したのは一九四九年十二月、近江うららのダンシング・チームに見習いで入り進駐軍慰問のキャンプ回りやキャバレーやクラブのショウで踊っていた。翌年五月末にトシ子はストリップ劇場の浅草常盤座で踊り子を募集しているのを聞いて訪ねた。ここで演し物の采配をしていたのが愛人、マネージャーとなる正邦乙彦だった。正邦が年齢を訊くとトシ子は十五歳と三歳少なく答えた。享年三十二歳説はここが出所というのが小柳の見解である。
 桑原稲敏『往生際の達人』に、ジプシー・ローズが亡くなった日の早朝の出来事が記されている。彼女は正邦に「パパ、起きてよ」と声をかけた。
 〈「さっきから表で、ジプシー・ローズはアル中だ、アル中だと、隣り近所に聞こえるように怒鳴っているのよ。早くやめさせて!」
 正邦が表に出てみたが、人の気配などまったくない。
 「なにしてんのよ。相手がいくら偉い女優さんでも、黙っていることはないわ!」
 「偉い女優さん?」
 「わたしは見たの。浪速千栄子とミヤコ蝶々よ。わたしがあの人たちにどんな悪いことをしたというのよ。」〉
 記事は正邦から出たものだろう。浪速千栄子とミヤコ蝶々の名を挙げたのは「偉い女優さん」へのコンプレックスだったのだろうか。
[PR]

by yumenonokoriga | 2012-01-15 05:29 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)