女優・松永てるほ

a0248606_9524674.jpg 日劇ミュージックホール出身の女優といえば春川ますみやあき竹城が思い浮かぶがいずれもヌードを引退してからの転身だった。現役時代に主役級でスクリーンに登場したのは伊吹まりや殿岡ハツエ、マリア茉莉がいるが本格的には松永てるほだけといってよいだろう。
 川本三郎『朝日のようにさわやかに』に彼女が主演した日活ロマンポルノ作品「情痴の檻」に触れた一文がある。物語は川崎あたりでコールガールをしていた女が足を洗い、過去を隠して小さな町の床屋の後妻になっている。亭主は喘息持ちでセックスのほうもダメになっているが、それでも女は小さな幸福に満足している。そんなある日、彼女はむかしのなじみ客に偶然会う。そこからよりが戻ると、お定まりのコースで二人は夫を殺してしまう。J・ ケイン『郵便配達は二度ベルを鳴らす』を思い起こさせるストーリーだ。
 川本三郎はこの映画の松永てるほを讃えていう。
〈女を演じているのは日劇ミュージック・ホールのダンサー、松永てるほ。派手な女だとばかり思っていたがいつからこんなやるせない女が出来るようになったのだろう。いつもは化粧もせず髪をひっつめている女が”向う岸”に男に会いに行く時にはじめて口紅をひき、マニュキアをする。それまで目立たなかった松永てるほがゾクッとするほど色づいた。〉
 川本三郎の「派手な女だとばかり」のイメージは「ヌードの殿堂」としてのミュージックホールのショーの構成や内容から来ている。それが「情痴の檻」では一転して「やるせない女」が演じられた結果、「派手な女」との落差が生じ、そこに著者は松永てるほの魅力を見たのだった。
 昭和四十年代の後半から五十年代の初めにかけて松永てるほは十本余りのロマンポルノ作品に主役、準主役として出演したが、ヒット作には恵まれなかった。おそらく『朝日のようにさわやかに』の著者とは反対に、スクリーンでもなお、舞台の延長線上にある「派手な女」としての彼女を見たいファンも多くいたのではないか。あるいは貧乏くさい「やるせない女」ではなく、「派手な女」のイメージをだいじにしておきたいファンもいただろう。
 「派手な女」とは日劇ミュージックホールのスターの謂にほかならず、そうした彼女を活かすとしても、えらくむつかしそうな企画だなあといまにしても思わざるをえない。
[PR]

by yumenonokoriga | 2012-02-05 04:27 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)