谷ナオミ

a0248606_8293568.jpg
 日活ロマンポルノを代表する女優の一人で、SMの女王また緊縛の女王と異名をとった谷ナオミのビデオを集めていた人がそのコレクションを奥さんに見つけられて処分させられたという記事を週刊誌か何かで読んだことがある。
 紀田順一郎『古本屋探偵の事件簿』のなかで古書店勤めの男がビニ本マニアを評して「みんなごく普通の、気の弱いサラリーマンでしたよ。女を買う勇気もないという男たちの、ひそかな楽しみですよ。いじらしいじゃありませんか」と言っていた。谷ナオミのファンも同様にいじらしい。だからコレクションが見つかると処分して泣き寝入りするほかなかったのだろう。
 谷ナオミが日劇ミュージックホールへ出演したのは昭和五十一年(一九七六年)二月から四月にかけての「春の世の女絵巻」だった。このころロマンポルノの女優陣である田中真理、田口久美、二條朱美、小川亜佐美などがゲスト出演しており、そのなかにあって谷ナオミの舞台は緊縛と苦悶の表情が大いに評判となった。彼女の個性とともに緊縛作家団鬼六の演出の成果も大きかった。
 公演パンフレットには演出意図をつづった団鬼六「私のサディズム」と女優への声援をしるした映画監督小沼勝の「虚構(ロマン)に生きる女 谷ナオミ」の二編が収録されており小沼監督は「今日活の仕事と日劇の稽古の為ほとんど寝ないでしかも笑顔をたやさず頑張っている谷ナオミさん、あなたはほんとの女優ばかで、それだけにかわいいし、又そこに女としての悲劇をみる思いもするのです」と述べている。
 じつはこの一年ほど前に谷ナオミは逮捕されていた。「劇団ナオミ」に十七歳のヌードダンサーがいてこれが児童福祉法に違反した。谷ナオミの亭主兼プロダクション社長のYという男がこの十七歳を入れた経緯があり、谷ナオミはYを必死になってかばっていた。ところがミュージックホールの舞台稽古に入ったころYに新しい女ができたのがもとで二人は別れてしまう。
 ある日稽古が終わって彼女は新橋の酒場に団鬼六を誘い、そこで十八のときから九年間いっしょだった男との別れを告白したという。「ナオミは無理に笑いながら私を見たが、その二重瞼の大きな眼には涙が一杯、滲んでいるように私には見えた」と団鬼六は『蛇のみちは 団鬼六自伝』に書いている。
 小沼監督の見た谷ナオミの笑顔、そしてミュージックホールでの緊縛と苦悶の表情の裏にはこうした事情が秘められていた。          
[PR]

by yumenonokoriga | 2012-07-30 08:34 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)