永井荷風とストリップ

a0248606_10131823.jpg 永井荷風が連日浅草のストリップ劇場へ出入りしていたことはよく知られている。日劇ミュージックホールはどうかといえば、丸尾長顕によると、上品すぎて、と言って、たった一度見えたきりだったという。
 戦前には浅草のオペラ館に日課のように通った時期があった。芝居やレビューを見るにしても「丸の内にて不快に思はるゝものも浅草に来りて無智の群集と共にこれを見れば一味の哀愁をおぼへてよし」(『断腸亭日乗』昭和十二年十一月十六日)と書いたその気持は戦後においても引き続いていた。
 日劇とはほとんど縁のなかった荷風であるが、まちがいなくストリップ濫觴期を象徴する人であった。
 一九四八年(昭和二十三年)一月九日、この日、荷風は戦後の浅草にはじめて出遊した。戦災による被害を検分するかのように周囲を見渡しながら、空襲にもかかわらず菊屋橋角宗円寺門前の石の布袋や仲店、伝法院が無事にあるのを確かめ、そして木馬館の傍に「小屋掛にてエロス祭といふ看板を出して女の裸を見せる」とその日記にある。
 同年三月十二日には「六区レヴユー小屋の裸体ダンス」が警察の干渉により今月いっぱいで禁止同様になるとのうわさをいささか心配気な様子で書きとめ、六月一日には「裸体舞踊一時禁止の噂」はあったが常盤座ロック座大都座の三座が競って演じていると書き、その筆致はよろこびを押し隠しているようだ。
 岩波書店の旧版『荷風全集』第八巻月報にある仲澤清太郎「ロック座の踊り子と荷風」によれば、ロック座には女優、踊り子がいつも四十人前後いて、楽屋は二階がストリッパーの部屋、三階が「普通ショウ」の踊り子や女優たちのいる部屋になっていた。この二階か三階の楽屋へ荷風が現れるのはきまって毎日夜の七時前後、おなじみの黒いベレー帽をかぶり、背広に紺の足袋、下駄履き、よく晴れた日でも蝙蝠傘と買物籠をさげていた。
 昵懇また贔屓にした女優、踊り子として秋庭太郎『考證永井荷風』は櫻むつ子、高杉由美、ヘレン滝、ハニー・ロイ、高清子、高原由紀、摩耶ジユリ、柳登世、三冬マリ、栗田照子、園ハルミ、朝霧幾代、エミー・美山、奈良アケミの名を挙げている。このうちヘレン滝、奈良アケミをはじめ何人かは日劇小劇場、同ミュージックホールに出演している。また桜むつ子と高清子は『断腸亭日乗』に登場している。
[PR]

by yumenonokoriga | 2013-12-30 10:10 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)