荒木一郎と日劇ミュージックホール(つづき)

 前回紹介した荒木一郎『まわり舞台の上で』にある、荒木の事務所経由で日劇ミュージックホールの舞台に立ったダンサー。答えはジャンボ久世。
『日本映画俳優全集・女優編』(キネマ旬報社)に「東京都北区赤羽の生まれ。本名苦瀬静枝。川村中学を経て、1972年、川村高校を卒業。アルバイトでゴーゴー・ガールをしているところを荒木一郎にスカウトされて、芸能界に入る。74年の日活映画『江戸艶笑夜話・蛸と赤貝』でデビュー。しかし大柄な身体が映画界では生かされないと判断して、映画界を去る。赤坂のコルドンブルーの踊り子に転じ、75年3月に“75年の大型新人”という触れ込みで、日劇ミュージックホールの舞台に立つ。そのとき、それまでの本名から93センチのバストにちなんで、ジャンボ久世の芸名をつける」とあり、これが彼女の公式の記録で、『まわり舞台の上で』にあるのが非公式の履歴となる。あるいはタテマエとホンネといったところか。
 93センチのバストも公式記録らしく『the Nichigeki Music Hall』(東宝出版事業室)には「ぼくらの印象では、あれはたしか一メートルは越していた。ウエストは80センチ(?)に近く、ヒップも一メートルオーバーで、だからこそ文字通りの“ジャンボ”だったのである」とあったりする。
ところで『まわり舞台の上で』にはミュージックホールに迎えられた彼女は以後同劇場の終焉までずっと中堅のスターとして踊ったとあるが、たしか失踪事件を起こしてミュージックホール最後の舞台には立っていない。
 ちなみにネットで検索をかけたところ「北脇貴士のブログ」
(http://takashikitawaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/429-1c71.html)に昨年四月に催された「ホープ一門ライブ」に彼女が出演したとの記事があり、そのときの写真も掲載されていた。
a0248606_10271974.jpg
[PR]

by yumenonokoriga | 2017-01-27 10:29 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)