『谷口征写真集 THE DANCER 殿岡ハツエ』

本ブログをご覧くださっているある方から日劇ミュージックホール関係の資料を何点かいただきました。ありがとうございます。感謝に堪えません。
いずれも貴重なものばかりのなかで、とりわけ標題の写真集は著者名も書名も、つまり本の存在さえ知らなかったものですから、ことのほか意外の感がしました。ミュージックホールのダンサー個人の写真集としてはわたしが知る限りでは唯一のものです。
書誌については以下のとおりです。
『谷口征写真集 THE DANCER 殿岡ハツエ』
昭和五十年十月十七日第一刷発行
発行所 スタジオ・テン
協賛 旭光学商事株式会社
三十三葉の写真のモデルは殿岡ハツエひとりだけ。ほかには、冒頭に「“踊りは仕事なんだけど休息でもあるのよ。一人でいる時も踊っているのよ」というモデルのことばと、最後に散文詩のようなカメラマンのあとがきがあります。
踊り子を撮りつづけたカメラマンとしては稲村隆正を知るだけでしたが本書で谷口征という方を知ったしだいで、同氏は『黒木瞳―17か月のDesigned Woman』『叙情の虚構―永島暎子写真集』『褐色のままでー向井亜紀写真集』といったふうに女優を対象とする作品集を多く刊行されています。
殿岡ハツエは昭和三十年代後半から五十年代はじめにかけてしばしばミュージックホールにゲスト出演したダンサーで、客演したセミヌードのダンサーとしてはいちばん回数を重ねていると思われます。本書には彼女の踊るよろこびや官能的な姿、またコケティッシュな表情などその多彩な魅力がいっぱい詰まっています。
なお、本ブログの二つの記事「『いれずみ突撃隊』と『かぶりつき人生』」(2014/12/10)ならびに「プカプカ」(2014/12/15)にもご登場いただいていますので参照していただければさいわいです。
a0248606_11252574.jpg
[PR]

by yumenonokoriga | 2017-05-16 11:30 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)