カストリ時代

 第二次世界大戦直後の日本で出回った粗悪な密造焼酎を俗にカストリと呼んだ。統制外の粗悪な紙を用いて濫造された低俗な内容の雑誌を指してカストリ雑誌という。つまりカストリは戦後すぐの時期を象徴する言葉だった。
 林忠彦『カストリ時代』という写真集があり、朝日文庫版の表紙には日本劇場の屋上に横たわる踊り子の写真があしらわれていて、この表紙にふさわしく「裸と夢」の一章がある。
 敗戦後の解放感と女性の美がセットになった「裸と夢」という題がよい。昭和二十二年に撮影した日劇ダンシングチームのラインダンスの写真に添えて写真家は「ラインダンスは戦前からあったが、華やかに復活した」と書く。昭和十三年に岩波書店から上梓された永井荷風『おもかげ』には荷風みずから撮ったラインダンスの写真があるが両者をならべて眺めると「華やかに復活した」という気分になってくる。
 カストリ時代は停電が多く電車が停まるので、家から劇場へかよっていると時間にまにあわなくなるおそれがあるため、劇場に泊まり込みの踊り子が多くいたという。同書には国際劇場の泊まり込み用の布団が数列にわたって置かれた写真がある。「夢」の舞台裏を撮った貴重でいとおしい一枚だ。
 昭和二十四年の日本劇場五階は日劇小劇場、いわゆる日小の時代で、このころからストリップ全盛の風潮の余波が日小に及んだ。「演しものにもお色気主体の作品が目立ちはじめ、セントラル・ショーや朱里みさをとパルナスショーなどの進出にも刺戟されて日小独自のエキサイトショー、クライマックス・ショーの上演にいつながっていった」と橋本与志夫「日劇ミュージックホール30年の歩み」にある。
 「女の楽園」「女の祭典」「女の凱旋門」「女の宮殿」「女の摩天楼」というのが昭和二十四年当時の演目で、これが二十五年、二十六年になると「女のポポ」「濡れるマンボ」「女のデデ」「色ぼけポポ」「女と毛槍」「女の川開き」というふうにきわどさは下流のほうへと発展した。
 劇場支配人以下出演者の何人かが所轄の丸の内署に連行されることもしばしばあり、やがて小林一三の「丸の内からハダカを追放せよ」との大号令が下された。
 昭和二十七年日劇小劇場は日劇ミュージックホールとあらため再出発したが、これとカストリ時代を重ねてみると、日小の終焉を以てカストリ時代は終わったとみえる。ちなみに経済企画庁「経済白書」に「もはや戦後ではない」と記述されたのはミュージックホール開場の四年後、昭和三十一年のことだった。
a0248606_11562868.jpg
[PR]

# by yumenonokoriga | 2017-08-30 11:57 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

ある懐古記事

 日劇ミュージックホールが閉場したのは一九八四年(昭和五十九年)三月二十四日だからすでに三十余年が経つ。「夢の残り香」としては、もっともっと関係者やファンの懐古談を読んでみたいと願っているがなかなか叶えられない。
 といったことを思いながらパソコンにある資料を整理していたところ、以前にダウンロードしておいた懐古記事を見つけた。
 「カタツムリの戯言」というブログの一篇で「古秀さん」の署名、二00二年六月十四日の日付がある。念のため検索をかけてみたが同ブログの所在は知れなかったのでお断りなしの紹介となる。
 「いささか懐古趣味になりますが、今はもう無くなって久しい日劇ミュージックホールが懐かしいです。覚えて居るだけでも、奈良あけみ、小浜奈々子、アンジェラ・浅丘、五月美沙、島淳子、朱雀さぎり、松永てるほなどなど素晴らしいスター達が居て、抜群のプロポーションと美貌を誇り、数々の伝説(例えば大酒豪だとか・・・)の持ち主も沢山いました。もう二度とあんなショウは見れないと思うと、あれは本当によき時代だったんだなあと思います」。
 このとき「古秀さん」は六十三歳だから観劇歴は相当に年季がはいっている。ただしジプシー・ローズの舞台には間に合わなかったようだ。わたしはほぼ一回り下でここに名が挙がったダンサーのうち奈良あけみのステージには接していないが、それでも眼福に恵まれたほうだろう。
 「自分はいつも公演が始まるとその初日に行く事が多かったです。もう待ちきれないというか・・・」と「古秀さん」は熱心だ。
 ある日、その熱心が暴走して、ことによるととんでもない事件になりかねない行為に及ぶ。
 「立ち見席で両手をうしろで組んでいる若い子がいたので、その子の真後ろに立って股間を押し付けるとすぐさま握ってきました。それでふたりで外出し、第一生命ビルの大きな柱の陰でしこしこやっただけで別れました。今となってはそれもこれもただただ懐かしい思い出です」。
 事件とならなかったうえにうらやましい体験をなさった次第で御同慶の至りだけれど、事件となれば威力丸出しのセクシャルハラスメント、強姦未遂の刑事犯だ。
 もっともミュージックホールが閉場した当時はまだセクハラという言葉は広く知られていない。一九八九年刊行の新明解国語辞典(第四版、三省堂)にはセクシュアルの項目はあるがセクシュアルハラスメントはない。じつは福岡市の女性が全国ではじめて性的嫌がらせを理由に提訴したのがこの年で、当時はいまほど聞き慣れた用語ではなかったから第四版はこの言葉を採らなかったのだろう。
 それから十年、一九九九年に第五版が出て、ここにはセクハラが立項されている。第四版と第五版とのあいだの年月にこの問題が大きな社会問題となり、セクハラという言葉が定着したことがうかがえる。なお語釈には「性的嫌がらせ、特に職場などで、女性に対して当人がいやがる性的な言葉を男性が口にしたり行動に表したりすること」とある。
 話題をミュージックホールに戻すと、わたしには「古秀さん」のように立ち見席の若い女性の姿態にまで目を遣ったおぼえはない。一回り下の若者にはステージの美女をまえにそうした余裕はなかったとしておこう。
a0248606_1057457.jpg
[PR]

# by yumenonokoriga | 2017-07-28 10:58 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

資料紹介~新潮45 2017・7月号

 たまたま図書館で手にした雑誌「新潮45」7月号グラビアに日劇ミュージックホールをはじめロック座、新宿セントラル劇場などのパンフレットの画像が掲載されていました。
 また踊り子ではジプシー・ローズ、吾妻京子、伊吹マリ、園はるみ、ハニー・ロイ、桜洋子、春川ますみ、ヒロセ元美、アンナ水原の写真があります。
 題して「時代の標本 松田コレクションの世界 7」~嗚呼、ストリップ時代
 映画演劇史料収集家 松田集氏のコレクションと説明があります。
 多くは昭和二十年代なかばから三十年代前半にかけての「時代のついた」貴重なもの、あの時代を知らなくても昭和のノスタルジーが喚起されます。未見の方、手に取ってみてください。
a0248606_10522177.jpg
[PR]

# by yumenonokoriga | 2017-07-03 10:55 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

『谷口征写真集 THE DANCER 殿岡ハツエ』

 本ブログをご覧くださっているある方から日劇ミュージックホール関係の資料を何点かいただきました。ありがとうございます。感謝に堪えません。
 いずれも貴重なものばかりのなかで、とりわけ標題の写真集は著者名も書名も、つまり本の存在さえ知らなかったものですから、ことのほか意外の感がしました。ミュージックホールのダンサー個人の写真集としてはわたしが知る限りでは唯一のものです。
 書誌については以下のとおりです。
『谷口征写真集 THE DANCER 殿岡ハツエ』
昭和五十年十月十七日第一刷発行
発行所 スタジオ・テン
協賛 旭光学商事株式会社
 三十三葉の写真のモデルは殿岡ハツエひとりだけ。ほかには、冒頭に「“踊りは仕事なんだけど休息でもあるのよ。一人でいる時も踊っているのよ」というモデルのことばと、最後に散文詩のようなカメラマンのあとがきがあります。
 踊り子を撮りつづけたカメラマンとしては稲村隆正を知るだけでしたが本書で谷口征という方を知ったしだいで、同氏は『黒木瞳―17か月のDesigned Woman』『叙情の虚構―永島暎子写真集』『褐色のままでー向井亜紀写真集』といったふうに女優を対象とする作品集を多く刊行されています。
 殿岡ハツエは昭和三十年代後半から五十年代はじめにかけてしばしばミュージックホールにゲスト出演したダンサーで、客演したセミヌードのダンサーとしてはいちばん回数を重ねていると思われます。本書には彼女の踊るよろこびや官能的な姿、またコケティッシュな表情などその多彩な魅力がいっぱい詰まっています。
 なお、本ブログの二つの記事「『いれずみ突撃隊』と『かぶりつき人生』」(2014/12/10)ならびに「プカプカ」(2014/12/15)にもご登場いただいていますので参照していただければさいわいです。
a0248606_11252574.jpg
[PR]

# by yumenonokoriga | 2017-05-16 11:30 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

美女の形容

 ときどき気が向いたときに『千夜一夜物語』を読んでいる。テキストは英語で著されたバートン版で訳者は大場正史。中世のイスラム世界がいきいきと描かれた同書にはいまのイスラム世界のイメージからはほど遠いたくさんの艶笑譚が収められている。
 たとえば同書第九夜「バグダッドの軽子と三人の女」で、たぐいまれな美女が一糸まとわぬ姿で池に飛び込み、ひと泳ぎしたあと上がってきて、自身の「細長い切れめ、つまり裂け口」を指さして、軽子(荷物運搬を業とする人足)に、ここは何というのと問いかける場面がある。
男が「それは玉門といいます」と答えると美女は、そんな言葉を口にして恥ずかしくないのとばかにする。軽子はあれこれ挙げてみたものの女は満足せず、だったら貴女はそこを何と呼ぶのかと逆に質問したところ「橋のめぼうき」との答えが返ってきた。
 日劇ミュージックホールの美女をめぐるコラムの筆者としてはまことに慚愧に堪えないのだがイスラム世界の美女が口にした「橋のめぼうき」がわからない。ちくま文庫の註釈には「めぼうきCcymum basilicumは、ボッカチオ第四日第五話のbassilicoにあたる」とあるが、困ったことにこれでは余計にわからない。博雅の士のご教示をお願いしておきたい。
 念のため『デカメロン』の該当箇所にあたってみたが「橋のめぼうき」に関連のありそうな言葉はなかった。
 それはともかく、軽子はさらに別の美女からおなじ質問を受ける。そこで「橋のめぼうき」と応じたが、女はこれを拒み「莢をむいた胡麻の実」と言う。胡麻の実を知らない方は落花生を思いうかべるとよいでしょう。
 くわえて三番目の女が同様の問いかけをする。男は「橋のめぼうき」「莢をむいた胡麻」を挙げたがいずれもだめでここは「旅人の宿」じゃないのと言うのだった。「旅人の宿」なんとなく風情があっていいですね。こんなふうに女性の性器をどのように表現するかをめぐってやりとりがつづく。
 ついでながら手許にある『アメリカ俗語辞典』(ユージン E.ランディ原編 堀内克明訳編 研究社出版)のvaginaの項には五頁余にわたり千以上の訳語があり、その表現においてわが日本もイスラム世界に負けず劣らずずいぶんと意を用いてきたと知れる。残念ながら旅人の宿はなかったが、旅の縁語とおぼしいのを拾うと愛の泉、華門、花洞、秘丘といった具合。
 もうひとつイスラムの文学は美女をどんなふうに形容しているかを眺めてみよう。前項とおなじ「バグダッドの軽子と三人の女」には以下の記述がある。
 「背のすらりとした、およそ身の丈五尺ばかりの女で、器量といい、愛くるしさといい、ひときわすぐれ、まさしく豊艶と均整と、たとえようもない優雅さの雛形」
 「額は花のように白く、頬はアネモネのように紅に輝き、目は野生の若い牝牛か、羚羊のそれ。眉は第八月(シャーバン)を終わり、第九月(ラマザン)を迎える三日月のようでございました。また、口はといえば、スライマンの指輪にまごうばかりで、唇は珊瑚のように赤く、歯並びは真珠かカミツレの花びらを横にならべたようで、のどもとは羚羊をしのばせ、乳房は同じ大きさのふたつの柘榴に似て、いわば人に歯むかうように、つき出ていました」
 「体は着物の下で、丸めた金襴の錦のように、波をうって起伏し、お臍には一オンスの安息香油もはいりそうでした」
 というふうに美人の形容の総論は豊艶と均整と優雅で、あと各論として額、頬、眉、歯並び、乳房そして最後にお臍がくる。ベリーダンスを浮かべるまでもなく、イスラム世界のセクソロジーにおいてお臍はたいへん重要な位置を占めていると考えられるが、そのいっぽう『千夜一夜物語』はお臍、「旅人の宿」につづく脚線にはまったく触れていない。あるいはこれもイスラムふうなのかもしれない。
a0248606_10235067.jpg
[PR]

# by yumenonokoriga | 2017-03-21 10:25 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)