女子プロレスと日劇小劇場

a0248606_12162345.jpg 日劇小劇場一九五0年(昭和二十五年)六月公演「女のパクパク」で検挙されたパン猪狩について、日本の女子プロレスの創始者との説があるそうだ。
 一九四八年(昭和二十三年)弟(のちに東京コミックショーのショパン猪狩)と一緒に三鷹市で小さな道場を開設し、猪狩自身は柔道、弟はボクシングとプロレスのセコンドの経験があることを生かし、妹の猪狩定子を含め何人かの女性に格闘技を教えたという。ただし目論んでいたのは純粋な格闘技ではなくスポーツショーだった。
 そのパンスポーツショーは駐留軍のキャンプを回ってコミックボクシングを演じ、ついで女子レスリングを取り入れた。評判がよかったのだろう日劇小劇場から声がかかり「女のパクパク」のときも演じていたのはレスリングショーだった。
そのときのことをパン猪狩の証言に見てみよう。
〈ほんとはね、ウチが挙がるはずじゃなかったの。女のパクパク御用だって、劇場に入ってみたらやってるのはちっともパクパクじゃないんだよ。でもなんか挙げなきゃ警視庁だって面目丸つぶれじゃない。で、舞台に目ぇ光らしてたら、男と女が出て来て組んずほぐれつね、上になり下になりがはじまったわけだ。オレは妹と組んでレスリングやってたんだよ。両方、海水着だ。そんときのレフリーが沢村い紀雄。で、警察としては、こいつら捕まえろになっちゃった。舞台終わって楽屋に戻ったら、ちょっと警察に来いだよ。〉
取り調べでは、女と上になったり下になったりして、いい気持ちになってんだろうといったことも訊かれていて、あれは妹、長男としておしめを取り代えたりした妹なんですと説明しなければならなかった。そのとき出演していた猪狩定子はレスリングショーだけではなく、じっさいリングでも闘っていて、日本人最初の女子プロレスラーとして女子プロレスの殿堂入りをしている。またレフリーの沢村い紀雄(のちにいき雄に改名)は東宝映画に欠かせない脇役として、多くの作品でタクシー運転手や守衛、店の主人役などの小市民役を演じた。
 古今亭志ん朝がある噺のまくらで、若い女が気持を高ぶらせ、顔を紅潮させ、ときに表情をゆがめて義太夫を唸る、女義太夫のそこに男は惹かれたのであり、それは女子プロレスの好みと通じていると語っていた。これはまた日劇小劇場の舞台にも通じている。
(写真は沢村いき雄)
[PR]

by yumenonokoriga | 2013-04-30 12:09 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

「女のパクパク」

a0248606_11463639.jpg
 品が良くてきらびやかな日劇ミュージックホールのヌードショーだから公衆わいせつとは無縁という思い込みから前身の日劇小劇場もそうだったのだろうとイメージしがちだが、なかなかどうして小劇場のほうはそうでもなかった。
 一九五0年(昭和二十五年)六月、公演中の「女体ワンダフル」二十一景が警視庁保安課風紀係により急襲され、浜田支配人をはじめ演出の岡田恵吉、コメディアン森肇、中田拳児、ストリッパーのフリーダ松木、ミミー柳らが検挙されて丸の内署に留置され、刑法第百七十五条のわいせつ罪容疑で書類送検されている。
 さらに同年十月公演「女のパクパク」も警視庁保安課に摘発され、浜田支配人以下パン猪狩など男女優が検挙された。直接ひっかかったのは一部九景「女のレスリング」でのせりふののやりとりと露骨できわどいしぐさだったそうだが、それ以前に「女のパクパク」という公演名がその筋を刺激してにらまれていたのだという。
 いずれも橋本与志夫『おお!ストリップ』にある話だが「女のパクパク」事件については滝大作『パン猪狩の裏街道中膝栗毛』に、このとき公衆猥褻陳列罪で挙げられたパン猪狩の証言がある。
〈そんとき、警視庁は暇だったらしいのね。なんか挙げなきゃ退屈でしょうがねぇって心境だったわけ。で、目ぇつけたのが日劇小劇場の看板ね。「女のパクパク」って出てた。女のパクパクとはけしからん、ひどいことをやっているに違いないってわけだよ。〉
 こうしてまずサンドイッチマンが挙げられた。女のパクパクなんて看板を持って歩いて客を誘導した罪である。ついで本丸=劇場に踏み込んだ警視庁は「女のレスリング」の景に出演していたパン猪狩たちを検挙した。
 橋本与志夫によると、そのころ客足の落ちたバーレスク劇場の一部に思わせぶりで好奇心をそそる珍奇な題名で客寄せを図ろうとする傾向があり「女のパクパク」はこれに引っかかったのである。
 ほかにも当局から問題視された公演として「色ぼけポポ」(日劇小劇場)、「あそこ祭り」(国際セントラル)、「ハメ町河岸」「イクヨ吉原」(浅草座)などがあったという。
[PR]

by yumenonokoriga | 2013-04-25 11:45 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(2)

『男たちへの花束』

a0248606_1116920.jpg 
 一九六一年(昭和三十六年)『忍ぶ川』で芥川賞を受賞した三浦哲郎は、六九年から七一年にかけ「小説現代」に六回にわたり夕雨子という旅回りの踊り子を主人公とする連作小説を書き、これらはほどなくまとめられて『夕雨子』という単行本として講談社より上梓された。
 のちに作家は、ある旅回りのヌードダンサーに自分から鞄持ちを買って出て何度か旅のお供をしたが、「いずれは踊り子自身が、みずからの手で、長年ひっそりと抱きしめてきた心の衣装鞄を開けてみせてくれる時がくるだろうと思っていた」と書いている。
 その踊り子はやがて日劇ミュージックホールの舞台で踊るようになり、スターとなり、そして作家がひそかに思っていたとおりみずからの手で「心の衣装鞄」を開けてふたつの本を著した。水原まゆみ『こんな男と暮らしてみたい』(東京白川書院一九八0年)と『男たちへの花束』(三一書房一九八四年)がそれである。
 とりわけ『男たちへの花束』は「日劇ミュージックホールが消えた今、おそらく、これから三年、五年先には、そんな『レビュー小屋』があったことさえ知らない世代が出てくるわけだ。その『幻の小屋』のなかに私の青春があったのである」との思いを込めて書かれたものだけにファンには魅惑の記念碑となった。
〈踊り子はフィクションである。女が踊り子に住み着く。住みついた女はどこまでいっても虚像である。虚像にはべる男たち。その男たちはいう。華やかな世界にいるとプライベートな世界も華やかに違いない!そう思わせることもサービス精神のひとつである。〉
井上悠子という女が水原まゆみに住みついたとき踊り子というフィクションが誕生した。つくられた踊り子に魅せられた男たちは幻想を抱き、美しく愉しい舞台を見て満足していればいいようなものだけれど、しかしときにはノンフィクションの部分も覗いてみたくなるのがファン気質である。だから『男たちへの花束』にある「踊り子はふだんは化粧をしない。仕事で目いっぱい厚化粧をしているので、肌を休ませるのだ。やはりうっとおしいからだ」といったところを読むと、踊り子から解き放たれた女のノンフィクションの日常が見られてうれしい気持ちになってしまう。
[PR]

by yumenonokoriga | 2013-04-20 11:15 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

ある日のトニー谷

a0248606_1205663.jpg
 司会のトニー谷が拍子木でリズムをとりながら「あなたのお名前なんてえの」と出場者に質問すると調子に乗せられた出場者が「私は・・・・・・と申します」と答える。この「アベック歌合戦」が日本テレビ系列ネットではじまったのは一九六二年(昭和三十七年)だった。当時小学生だった筆者がトニー谷を知ったのはこの番組以外に考えられないが、なぜかはじめから異端とか邪道、うさんくささといったフィルターでブラウン管を見ていた記憶がある。のちに仕入れた知識を遡及させているのか、あるいは親から何か言われていたのか記憶はさだかではない。
 トニー谷は敗戦後の日本が生んだあだ花だった。「さいざんす」「家庭の事情」「おこんばんは」「ネチョリンコンでハベレケレ」「バッカじゃなかろか」などとともに流行語となった「レイディースエンジェントルメン、アンドおとっつぁんおっかさん」というあやしげな英語と日本語をこきまぜた「トニングリッシュ」は占領期日本の米国への迎合あるいは屈折した感情を示している。人気はあったが愛されたわけではない。小林信彦『日本の喜劇人』には「あの人は面白いが、天皇陛下のまえに出られない芸人だなあ」と評したあるコメディアンの言葉がある。
 そうした邪道芸人のある日のミュージックホールの舞台における姿を清水俊二が『映画字幕五十年』に書きとめている。
〈トニー谷が人気をさらっていたころ、客席の三分の一をアメリカ占領軍の兵隊たちが占めていた。トニーがあの妙な英語をしゃべるのだが、わかってもらおうとは思っていないのだ。兵隊たちもポカンとしている。突然、トニーがからだをかがめ、兵隊たちのほうに顔を突き出して、
「大きなつらをしやがって、こっちはイモを食って戦ったんだ」
といった。兵隊たちからはもちろんなんの反響もない。私はどういうわけか、このせりふが忘れられない。台本にはないせりふだろう。トニーは自分のほんとうの気持をしゃべったのにちがいない。すくなくとも、私にはそう聞こえた。〉
 小学生だったわたしはトニー谷を異端、邪道と見ていたが、その心の内など思いも及ばなかった。異端や邪道で以て隠した思い。清水俊二はそこのところを「大きなつらをしやがって、こっちはイモを食って戦ったんだ」と芸人が図らずも洩らした言葉に見ていたのだった。
[PR]

by yumenonokoriga | 2013-04-15 11:59 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(2)

『映画字幕五十年』 

a0248606_1005987.jpg
 一九五二年(昭和二十七年)三月の日劇ミュージックホールこけら落とし公演「東京のイヴ」の演出を担当したのは岡田恵吉だった。戦前には宝塚の舞台のプロデュース、演出にあたっていたが「僕は戦後約十年間ほとんど、裸の女の子のお相手をして暮してきた」とその著『女のシリ・シンフォニー』に書いているように戦後はミュージックホールの運営と演出を務めた。
 岡田の友人に映画字幕の第一人者だった清水俊二がいて清水は著書『映画字幕五十年』で「岡田恵吉は戦争が終わってしばらくすると日劇ミュージックホールのプロデューサーとして登場してきた。プロデューサー兼作者兼演出者である。やはり宝塚にいた宇津秀男、加藤忠松、作家の丸尾長顕が運営委員として名をつらねていたが、中心になっていたのは岡田恵吉だった」と回想している。岡田は生粋の舞台演出のプロだった。
 清水俊二ははじめ岡田の弟で一九三六年(昭和十一年)創刊の東宝PR雑誌「エスエス」の編集部にいた二郎を通して親しくなった。ついでながら「エスエス」には昭和戦前のモダニズムのシンボルだったスクリーン、ステージ、スポーツ、スピードなどが含意されている。
 清水の見た岡田はしゃれっけたっぷりのダンディ・タイプだが、どこか自分と共通するものがあるらしく、いつでも腹を割ってつきあえる人物だった。そうした関係から清水はミュージックホールの千秋楽の夜の打ち上げパーティに呼ばれることがあり、そのときの思い出を前掲書に書いている。
〈女優たちのなかではジプシー・ローズをよく覚えている。からだが大柄なように人間も大らかで、いつも明るく屈託がなかった。アルコールに命をとられたということだが、一つの時代を代表していた女優の一人だろう。〉
 もうひとつ一九五七年(昭和三十二年)十一月の「メケメケよろめけ」の打ち上げパーティにも触れている。
〈ゲイの男たちが中心になったショウが上演されたことがある。私はこのショウの打ち上げパーティでゲイのナンバー・ワンの青江なにがしと躍って、私の手にふれた背中が女性のようにやわらかいのに驚いた。〉
 なお文中の「青江なにがし」はマダム青江を指している。
(写真は清水俊二とジプシー・ローズ、『映画字幕五十年』より)
[PR]

by yumenonokoriga | 2013-04-10 14:16 | Comments(0)

稲村隆正

a0248606_11455398.jpg
 鹿島茂『子供より古書が大事と思いたい』によれば、フランスの古書店の目録に珍品、稀覯本が紹介される際には記述の最後にはきまって「これはフランス国立図書館には納本されていない」という一言が付けられているという。かつてこの国で、検閲のための国立図書館への法定納本制度があったと知ればなおさら納本制度から外れた本の貴重さがわかるだろう。
 検閲制度下にはない日劇ミュージックホールのパンフレットではあるが、国会図書館での収蔵の有無を検索したところやはりなかった。もっともあったとしても図書館で眺めるのははばかられる。
 図書館収蔵でいえばヌードダンサーたちをいまに伝える写真集があり、写真家のなかでは稲村隆正(1923-1989)がミュージックホールやコルドンブルーの舞台写真を積極的に手がけており、その業績は一九七八年朝日ソノラマ刊『踊り子』や一九八三年朝日新聞社刊『昭和写真・全仕事 稲村隆正』などにまとめられている。また「アサヒカメラ」などカメラ雑誌のバックナンバーにもよくその作品が掲載されている。
 稲村は早大での先輩にあたる秋山庄太郎の秋山工房からスタートしたカメラマンで、先輩の秋山もときどきミュージックホールのスターを撮っていて、ジプシー・ローズが煙草をくわえた作品がよく知られる。また名取洋之助から指導を受けており「おまえさんの撮ったおんなの写真はどこか他の人の写真と違う。ほんのわずかだが違った角度からレンズをのぞいている」と評された。そしてこれがショービジネスの世界やポートレートなど写真の対象としての「おんな」に興味をもつ出発点となった。
 『アッちゃん』や『アツカマ氏』の漫画家岡部冬彦は、稲村作品についてエロティックであってしかも厳然として卑猥ではないと述べている。作品評はカメラマンの姿勢でもある。稲村自身は「写真は対象を必ず必要とするのであって、その対象から美しさを感じなければ、写真に表現しても美しさは得られないものです」と語っている。つまり写真家の個性はそのモデルに表れている。その意味から、このカメラマンを魅了した踊り子たちの素晴らしさを讃えよう。
[PR]

by yumenonokoriga | 2013-04-05 11:44 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)