脚線美

a0248606_1042698.jpg
 日本の創作ミュージカルの草分け的存在でありテレビ朝日の音楽番組「題名のない音楽会」の企画構成者としても知られる藤田敏男は日劇ミュージックホール
昭和五十年(一九七五年)九月十月公演「ニンフェットは蜜がお好き」と翌年同月の「柔肌を濡らす甘い蜜」で演出を担当している。
 パンフレットに寄せた「ミュージカルと脚線美」で演出家は「ウエストサイド物語」の作曲者レナード・バーンスタインの、ミュージカルはドラマと歌とダンスとスペクタクルと脚線美との言葉を引いて「私は特に〈脚線美〉という言葉を重視したい。というのは、私が最も共感を抱くのはその点で、日本製のミュージカルにはあまりに脚線美がなさすぎると常常思っているからです」と述べている。
 ハリウッドに脚線美の魅力をもたらしたのはミュージカル映画だった。脚線美の歴史を語るときミュージカル映画は欠かせない。それはミュージカルのひとつの出発点でありながら日本の現状ではあまりにおざなりにされていると判断していた藤田がミュージックホールの演出を引き受けたのも、ここには日本のショービジネス界で閑却されているものが確実に存在するからだったという。
 もっともなはなしでミュージックホールの生みの親である丸尾長顕からしてレッグアートをとても重要視していた。しばしば足はセックスを支える柱であり、セックスにおける「ローマへの道」だと強調した丸尾はその著『情事の手帳』にこうしるしている。
〈私の好みからいえば、足の美しくない女性は、絶対に性的対象にならない。足が美しくすんなりしていることは、長いということであり、足が長ければ背が高いということになる。私などサバをよんで五尺一寸の小柄だが、恋人や女房は五尺三寸以上あって、ハイヒールなど穿かれると、私の顔はオッパイのあたりにしか達しないのだが、それでも私は、足の長い女性以外には性的魅力を感じないのである。従って、私はいつも恋人や女房からは、見下ろされることを覚悟しなければならない宿命にある。〉
 この人の自慢話につきあうのはほどほどにしたいが丸尾長顕や藤田敏男の気持はよくわかる。
[PR]

by yumenonokoriga | 2014-07-30 08:03 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(3)

リタ・ヘイワースと松永てるほ

a0248606_10191684.jpg 
 一九四六年公開のハリウッド作品「ギルダ」(チャールズ・ヴィダー監督)で、リタ・ヘイワースが演じたギルダは神話の女となった。
 男たちはギルダに狂い、魅せられた。魅惑の頂点が「手袋のストリップショー」と呼ばれるシーンだ。まんなかに大胆なスリットが入った黒いシルクのイブニングドレスを着たリタ・ヘイワースはナイトクラブのステージで「それはみんな彼女のせい」という歌に合わせて濃艶な踊りを披露しながら長い黒手袋を脱ぎ捨てる。まるでストッキングを引き下げるように。踊りを終えると彼女はもういっぽうの長手袋とネックレスを取って客に投げ、さらにドレスのジッパーをはずそうとして「ジッパーは苦手なの、だれか助けて」と男たちを淫らな夢に誘う。
 リタ・ヘイワースは「男たちはギルダと寝て私と目覚める」と言ったという。「ノッティングヒルの恋人」でジュリア・ロバーツが後朝のベッドでヒュー・グラントにこの言葉を語っていた。「ギルダって誰?」と訊ねる男に、女は「彼女の当たり役。男はベッドで夢を抱き現実の女と目覚めて幻滅する。あなたもそう?」と問いかける。
 幻滅するかどうかは別にして、夢の女であるギルダと生身のリタ・ヘイワースが異なるのはあたりまえだが、夢にとり憑かれた男はリタ・ヘイワースにギルダを見てしまう。
 ここでわたしは松永てるほが語った言葉を思う。
「男性に夢を与える商売ですから、きれいでなければいけないので、ずっと独身を通してきました。女優なら結婚して子供を産んで離婚しても、それは芸の肥やしになります。でも、ダンサーは違う。私は二号にはなりたくなかったし、高齢の母親もいましたので、結婚はあきらめていました」(藤原佑好「日劇ミュージックホール『ヌードダンサー』という人生」」「週刊新潮」二00八年三月六日号)
 リタ・ヘイワースにとってギルダとの分裂は当然だった。ところが松永てるほは現実の永井雄子との分裂を避けようとしている。その気持に胸は熱くなってもファンの夢の女として結婚を断念するなんて、それはいけないと叫びたくなる。ファンは一途な思いに深甚の感謝を捧げながらも、なによりも幸せを願っているのだ。
 さいわい彼女は永井雄子としてよき伴侶を得た。
[PR]

by yumenonokoriga | 2014-07-25 08:14 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

ダンサーたちのその後

a0248606_9501950.jpg
 いまインターネット上の国立国会図書館の検索機能にキィワード「日劇ミュージックホール」と打つと、最新の文献として「週刊新潮」二00八年三月六日号所載の藤原佑好「日劇ミュージックホール 『ヌードダンサー』という人生」という一文が出る。すくなくともメジャー系の刊行物にミュージックホールの特集記事が載ったのはいまのところこれが最新のものだろう。
 何人かのダンサーたちの舞台を降りての「その後」とエピソードが語られているのが貴重だ。
 たとえば伊吹まり。引退後は西銀座でバーを開いていたが、しばらくして閉店し、仏門に入り、全国行脚をしていたという。丸尾長顕の子息俊太郎氏が二00七年に病死したと彼女の消息を伝えてくれている。
 ミュージックホールがなくなったあともクラブやナイトクラブで踊っていた松永てるほが引退したのは昭和の最後の年、このとき彼女の身体は長年のハードなレッスンのために足腰を痛め、正座することも歩くこともままならない状態で、変形性関節症と診断した医師からはこのままでは車椅子の生活になると引導を渡されていた。伴侶を得たのち彼女はダンサー時代を振り返って「世間はヌードダンサーといえば、スケベ心を持って見ます。でも、私たちは美しい女性の裸を見ていただくために、ダンサー一筋で命を張って生きてきました。悔いはありません」と語っている。
 松永てるほとともにトップスターの座にあった朱雀さぎりは平成四年にガンで亡くなった。病床を見舞った松永てるほが声をかけるともうほんとんど意識がなくなっていた朱雀さぎりが手を差しのべてきて、松永てるほはギュッと握り返したのだった。
 おなじく大山節子(写真)もガンを患ったが、左の乳房を切除して一命はとりとめた。嘆く姉に妹は「お姉ちゃんはこれまでキレイなおっぱいをみんなに見せて、スポットライトを浴びて、花束もらってきたじゃない。お姉ちゃんが舞台に登場すると、手を合わせるファンもいた。キレイだった頃の写真も残っているし、幸せじゃない」と語りかけた。大山節子はいま愛知県一宮市でエステ店を共同経営している。
[PR]

by yumenonokoriga | 2014-07-20 09:43 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(2)

小浜奈々子のデビュー異聞

a0248606_10562647.jpg 
 このブログを読んでくださっているある方から「週刊平凡」昭和三十五年二月三日号に載る「私たちはヌード一家~ヌードトリオ・小浜奈々子、朱雀さぎり、西崎ボタン」という特集記事のコピーを贈っていただいた。
 四頁にわたる記事では小浜奈々子、朱雀さぎり、西崎ボタンの三人がはじめてトリオを組んで京都のナイトクラブベラミへ出演している模様やそれぞれのデビューのいきさつなどが書かれている。なかで小浜奈々子のデビューの事情を読んで首をかしげた。それによると彼女は日劇ミュージックホールにデビューする前に喫茶店に勤めていて、そこで彼女を見た村松梢風が「すばらしい体をした女の子がいるんだが、騙されたと思って一度会ってみないかね」と丸尾長顕に電話したのがはじまりだという。だからこの時点では村松梢風は小浜の姉が浅草で踊っている原みどりであるのを知らない。そこで丸尾が梢風先生はまた酔狂に紹介してきたんだろうとさほど期待もせずに喫茶店へ出向いたところ小浜の魅力にびっくりし、そのうえ話しているうちに彼女が原の妹であるとわかり驚きは二重になったという。
これに対し村松梢風は、銀座のクラウンというキャバレーで浅草座の踊り子原みどりがアルバイトで踊っているのを見て丸尾に推薦し、契約の席上で原は「この子もいっしょに出してくれませんか」と妹の小浜奈々子を売り込み、丸尾は姉以上に妹を気に入ったとその経緯を述べているから「週刊平凡」の記事とはずいぶん異なっている。
 これまでわたしは村松梢風の記事を定説としてきたから、はじめて聞く「週刊平凡」の異説が正しいとすれば由々しい問題である。さいわい今月はじめに小浜奈々子さんにお会いする機会があり、お訊ねしたところ「村松先生の紹介で姉といっしょに契約したのにまちがいありません」と言明された。それにしてもこの異説、どこから紛れ込んで来たのだろう。
 なお上は週刊誌にあった小浜さんの写真で、コピーをお渡ししたところ、この写真は持っているけれど、フルサイズで見るのははじめてとよろこんでいただけた。
[PR]

by yumenonokoriga | 2014-07-15 08:43 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

「桃色の手袋」

a0248606_108432.jpg 
 昭和三十年(一九五五年)の日劇ミュージックホール最終公演は「桃色の手袋」で、十一月三日から十二月二十六日にかけての舞台は一部を村松梢風が手がけ、ここで彼が発掘した小浜奈々子がデビューした。
 公演リストにはゲストとしてシミキンとE.H.エリックの二人が挙がっているが、これには前年元旦からの「花は絢爛と夜開く」につづき、十一月三日から二十三日まで前半のレギュラーとして古川ロッパが出演していた。そのいきさつを『古川ロッパ昭和日記』に見ておこう。
 まだ出演が決まっていない段階でロッパは脚本を読み「何う見ても、俺に書きおろしたものでなく、パッとしない狂言廻しに過ぎない。わが特技発揮の余地なし」で丸尾長顕に断りを入れたが、ほかによい仕事もなく、金の必要にも迫られており、けっきょくは翻意して出ることになった。
 丸尾にしてみればいくらロッパが不本意であっても客寄せにはなるから離したくない。それに村松梢風とロッパとを並べると話題づくりになる。じじつ開演を二日後に控えた十一月一日には、稽古を見に村松梢風がやって来る、それに合わせて読売新聞の写真班も来ている。ロッパは「村松梢風を押さへてるところなんか丸尾は偉い」と書いているが、ロッパ自身も話題づくりの一環である。
 もっともこのときすでにロッパにとって状況は厳しかった。公演中のある日、米軍兵士二人と連れだって来た「日本女パンパン風二人」と劇場のエレベーターに乗りあわせたロッパは女二人の「古川ロッパって」「ロッパって有名じゃないの」「でも、もう落ちぶれちゃったんぢゃないの」という会話を聞かなければならなかった。ロッパは「いや実に嫌なものだった。『落ちぶれ』とは、それが正直なことばだけに応えへた」と感想を述べているが、このような、書きとめるのもいやになる場面をしっかり書いているのだからロッパはタフである。
 おなじ古手でもロッパは体調も災いしてエノケン、金語楼の後塵を拝していた。そんななかでのミュージックホール出演は「こんな嫌な思ひの二十日間は、未だなかった」という舞台だった。
 昭和三十年は石原慎太郎『太陽の季節』がブームとなった年で、新しい波が押し寄せて、古い諸々には厳しくなった時代の転換点だった。ロッパの思いの反面で、やがてトップスターとして君臨した小浜奈々子のデビューもミュージックホールに新しい波をもたらしていた。
[PR]

by yumenonokoriga | 2014-07-10 09:05 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

「花は絢爛と夜開く」余話

a0248606_1003866.jpg
 昭和二十九年元旦からの日劇ミュージックホール公演「花は絢爛と夜開く」に出演した古川ロッパは、一月九日四回の舞台を終えて帰り支度をして出ると、出口で浜口支配人に会った。ロッパが「どうだ」と訊ねると「もっとスピーディーにやってもらえればなおいい」との返事だった。日記にはこのやりとりとともに「トニー谷のスピーディーなしゃべりが基準になってゐるらしい。『老優の嘆き』といふやうなものが判る」と書かれている。
 おそらく戦後派の芸人のしゃべるスピードは戦前派に比較して平均するといくぶん速くなっているだろう。芸界だけでなく国民のしゃべる速度も。それと昔の映画から受ける印象では、ロッパの話しぶりはエノケンと較べるとだいぶん遅いからよけいにしゃべりの速度が意識されたのかもしれない。ロッパの日記からはトニー谷が日劇ミュージックホールにおけるスピーディーな口調を牽引していたことがうかがわれる。
 「花は絢爛と夜開く」が上演中の一月二十日のちの日本喜劇人協会の母体となる東京喜劇人協会が結成された。中心となったのは榎本健一、古川ロッパ、柳家金語楼で初代会長には榎本健一が就任した。これには丸尾長顕が積極的に係わっていて、もともとは丸尾の創意からスタートしたプランだった。
「丸尾が、喜劇人協会につき、金語楼との会談を十三日夜、持つことにしようといふ。」(一月四日)、「金語楼来る。丸尾長顕と三人で、楽屋、人払ひして話し出す。喜劇人協会を、エノケン・ロッパ・金語楼の三人が主となりて起すことの相談である」というふうにロッパ日記の随所に丸尾が根回しに動く姿が書かれている。異端児だとしても戦後派のコメディアンを代表する一人、トニー谷が人気を博したミュージックホールで戦前からの三巨頭が喜劇人協会の結成を相談する構図が対照的だ。
丸尾長顕は喜劇人協会の設立がミュージックホールにもたらした好影響を『回想 小林一三』のなかでつぎのように述べている。
〈先ず、ロッパ君がミュージックホールの舞台に立ってくれた。金語楼君も舞台に立ってくれた。エノケンも挨拶に立ってくれた。これがミュージックホールの格上げになったことは事実である。他の喜劇人もエノケンやロッパが出たのだから、俺は出ないとは言えなくなった。〉
[PR]

by yumenonokoriga | 2014-07-05 09:59 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)