脚線美閑話(九)~アンクレット余話

「深夜の告白」と「昼下がりの情事」。ふたつのアンクレットについてシャーロット・チャンドラーの前掲書には「アリアーヌがつけているアンクレットは、もともとはチェロのケースのキーチェーンだった。このアンクレットは、自分が上流階級の娘なのだとフラナガンに納得させようとする若くて無邪気なアリアーヌの、不自然な見え透いた努力を強調している。『深夜の告白』のバーバラ・スタンウィックのアンクレットは、声高な挑戦だ。それに引き替え、オードリー・ヘプバーンのアンクレットは、慎ましやかな誘惑なのだ」とある。
たしかにオードリー・ヘプバーンのアンクレットは「慎ましやかな誘惑」である。けれどそれを見たフラナガンは引きちぎってしまう。その前段ではアーミン毛皮のコートの預け主が、アンクレットをつけてスペイン旅行から帰った妻に激怒している。二人の男のアンクレットの女にたいする反応は、それに魅了され犯罪にいたった「深夜の告白」の男と五十歩百歩でさほどの違いはない。
ここには普通の貞淑な女なら身につけることのない、特別にセクシーなアクセサリーというビリー・ワイルダーがアンクレットにたいし抱いていたイメージと感情が投影されている。アクセサリーのもつ妖しさ。そのイメージが正しいとか誤っているとかの問題ではなく、それほど性を刺激されたというほかない。
「深夜の告白」でアンクレットを知ったわたしのなかにもなにほどかビリー・ワイルダーが抱いていたイメージが存在している。
以下余話の余話。
過日、東西ドイツ統合がある庶民の家族に及ぼした悲喜劇を描いた「グッバイ、レーニン!」という映画を観た。なかで、東ドイツ生まれの主人公アレックス青年が心臓発作から昏睡状態に陥った母親のいる病院へ行ったところ、すでに女性看護師の白衣は膝上少しばかりの穏やかなミニスカートの西ドイツスタイルになっていて、それまで東ドイツでは見られなかった看護師の脚線にアレックスは高ぶってしまう。ベルリンの壁の崩壊は東ドイツの青年に脚線美の発見をもたらしていたのだった。
a0248606_93636.jpg
[PR]

by yumenonokoriga | 2016-05-31 09:34 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

蜷川幸雄氏の訃報

 五月十二日蜷川幸雄氏が亡くなった。享年八十歳。
 わたしが小中学生のころは、脇役としてテレビや映画でよく見かける顔だった。といってもその名前は知らず、のちに演出家として有名になったとき写真を見て、この人だったかとあらためて蜷川幸雄と知った。
 演出家としてはアングラ、小劇場運動の盛んだった六十年代後半にデビュー、やがて大劇場へ進出、日本を代表する演出家として海外でも高い評価を得た。
 演出した作品は日本の戯曲からシェークスピアまで延べおよそ三百にのぼる。そのなかのひとつに日劇ミュージックホールでの「’82エロティカル序曲」(昭和57年12月30日~昭和58年2月28日)の演出があり、浅茅けいこ、大山節子、ジャンボ久世、朝比奈れい花たちが出演している。写真はそのときの舞台写真。
 日比谷へ移転してからミュージックホールの集客力は落ちてしまったが、この公演は大ヒットで、マスコミの扱いも大きかった。
 稀代の演出家が一度だけ手がけたミュージックホールの舞台をささやかな記念として書きとめておくとともに、ご冥福をお祈りしたい。
a0248606_9422537.jpg
[PR]

by yumenonokoriga | 2016-05-16 09:43 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)

脚線美閑話(八)~「昼下がりの情事」のアンクレット

 「深夜の告白」のビリー・ワイルダー監督はのちに「昼下がりの情事」でもオードリー・ヘプバーンにアンクレットをつけさせていて、重要な小道具と考えていたのがよくわかる。
私立探偵クロード・シャバッス(モーリス・シュバリエ)の娘アリアーヌ・シャバッス(オードリー・ヘップバーン)は、父親のファイルからアメリカの大富豪のプレイボーイ、フランク・フラナガン(ゲイリー・クーパー)についての資料を盗み読み、自分の正体を隠して会いに行き、恋してしまう。
ア リアーヌはチェロを学ぶ音楽学校の生徒だ。経済的にもそれほど裕福ではない。しかし彼女はフラナガンとつきあうには自分も相応の階層にあると思わせなければならないと考えていて、ある日、彼女は父が客から預かったアーミンの毛皮のコートをひそかにチェロのケースに入れて持ち出し、それを羽織ってフラナガンの前に現れる。
 帰宅すると、待ち構えていた父がコートを没収し、そのとき、コートの預け主である夫婦に話題がおよび、夫がアンクレットをつけてスペイン旅行から帰った妻に激怒したといった話をする。その怒りから夫は妻に高価なコートなど無用だと探偵に預けたのだった。
 それを聞いたアリアーヌは自分のチェロのケースに付いているチェーンをアンクレットに仕立ててフラナガンに会いに行き、スペインでプレゼントされたプラチナのアンクレットなのと嘘をつく。
コートを預けた夫がどうして妻のアンクレットに激怒したのかについては説明されていないが、「足はセックスを支える柱であり、セックスへの『ローマへの道』」(丸尾長顕)つまり性に直結する部位の装身具は夫をひどく刺激したのである。
 「お熱いのがお好き」「アパートの鍵貸します」「昼下がりの情事」についてのおそるべき精緻な分析を通してビリー・ワイルダーを論じた『ビリー・ワイルダーのロマンティック・コメディ』(平凡社)の著者瀬川裕司は、ここにはワイルダーがアンクレットについて抱くイメージが示されているとして「彼はアンクレットを、普通の〈貞淑な妻〉なら身につけることのない、特別にセクシーなアクセサリーと考えているようだ」と述べている。
 フラナガンにとってアリアーヌは正体不明のなぞの女だ。ふつうに考えてこんな小娘がアーミン毛皮のコートを自分で買えるはずがない。くわえてスペインでプレゼントされたプラチナのアンクレットだ。
 ここで真に受けたフラナガンは嫉妬からこんなもの取ってしまえと言ってアリアーヌのアンクレットを引きちぎってしまう。たび重なる彼女の行動が疑惑と嫉妬心を増幅させていたところへアンクレットの刺激の強さがくわわりフラナガンはぶち切れてしまったのである。
 アリアーヌからすればつぎつぎと富豪のプレイボーイを夢中にさせる作戦に出て、意図した通りの成功をおさめた。しかし彼女にとって、アンクレットにこれほどまでの魔力があるのは想定外だった。
a0248606_10319.jpg
[PR]

by yumenonokoriga | 2016-05-02 10:01 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)