谷崎潤一郎と日劇ミュージックホール

a0248606_1002921.jpg 小説に描かれた踊り子といえばすぐに思い浮かぶひとりに颯子さんがいる。谷崎潤一郎『瘋癲老人日記』の主人公の息子の嫁で、七十七歳になる督助老人が懸想する元レビューの踊り子で七歳になる息子がいる。
 老人の日記によるとNDTに入団したものの、有楽町にいたのはわずか半年ほどで、その後は浅草あたりで踊っていたようだ。ナイトクラブにも出演していたらしい。ここのところはストリッパーだったのを匂わせているのだろう。
 スレンダータイプの美人で、身長は老人よりもすこし高くて百六十一センチ五ミリある。彼女が日劇で踊っていたのは昭和二十年代のなかばだったから当時の日本の女性からすれば相当の上背だった。嫁いできておよそ十年、歳月を経るほどに美しくなる、と老人はいう。化粧や立ち居振る舞いがみょうに派手に見えたのが、いまではしっとりと落ち着いた妙齢の主婦となって、以前の踊り子臭い感じはない、と老人は手放しの喜びようである。
颯子が良家の奥様然としているのを老人は讃えているけれど、うれしいことに足だけは隠せない。颯子の足はなんといってもダンサーの足で「颯子ノ足ハ柳鰈(やなぎがれい)ノヨウニ華奢デ細長イ」。ラインダンスを舞ったレビュー・ガールの足に魅せられている老人は、颯子のなかに踊り子を見てしまうのだ。
 ある日、颯子がサンダルヒールを穿いているのを老人は見て彼女に訊ねる。
 「何デソンナモノ穿いイテルンダネ」。すると彼女は「ミュージックホールノヌウド・ショウナンカヘ行クト、ミンナ裸デコレヲ穿イテ出テ来ルワ。足気狂イノオ爺チャンニハ、コレモ魅力ジャナイ?トキドキ足ノ裏ガ見エタリシテ」。このあと彼女は老人に「二十分以上モ所謂ネッキングヲ恣ニ」させて宝石をせしめるのであった。
 日劇ミュージックホールのパンフレットを眺めると、ハイヒールを穿いているダンサーとともにサンダルヒールを穿いた踊り子の写真がある。ミュージックホールのファンだった谷崎の観察の細かさとフェティッシュな感覚が窺われる。
 谷崎がこの作品の口述をはじめたのは一九六一年夏、すでに手が不自由ばかりでなく外出も思うにまかせなかった。ミュージックホールへの出遊もできないもどかしさのなかで颯子という人物の創造は谷崎に慰めと愉悦をもたらしていたにちがいない。     
[PR]

by yumenonokoriga | 2012-02-25 06:21 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)