人気ブログランキング |

「日劇花の五十年」

a0248606_83581.jpg 新幹線が東京駅へ近づくとその手前有楽町界隈に日本劇場が見えてきたのを思い出す。終点間近になって地方からの者はいよいよ東京だとの思いを強くし、東京の人はさあ戻ってきたとの気持を懐いた、そのきっかけとなったのがこの劇場だった。車輌からは日劇ミュージックホールの看板もちらっと見えていたものだった。
 いまのマリオンの地にあった日本劇場、通称日劇の大劇場は日劇ダンシングチーム(NDT)のフランチャイズだったからレビューの公演が、そしてジャズ・コンサートやウエスタン・カーニバルが催された。もちろん映画の封切館でもあった。劇場五階には小劇場があってそこでは絢爛たるヌードショーが繰り広げられていた。日劇ミュージックホールというその小劇場はかつて老若問わず多くの男たちが美女のヌードに酔いしれた場所で、いまなお忘れ難い人々も多くいるだろう。
 当時の国鉄有楽町駅側にある切符売場経由でエレベーターに乗るのだが、そのドアは通常のものの手前にアコーディオン状のドアがあり係員が開閉してくれていた。五階に着いて入場すると赤い絨毯が敷き詰められたゴージャスなフロアーがあり、やわらかな床を踏みながら入場すると別世界が待っていた。
 やがて高度経済成長のなかで大劇場が変化にさらされる。「陸の竜宮」であり「踊る不夜城」でもあった日本のショービジネスの一大拠点はテレビの普及やレビューの制作費の高騰、ショービジネスの多様化といったなかで不振がつづき、NDTが解散を余儀なくされる。そこへ再開発計画が持ち上がって一九八一年(昭和五十六年)この有楽町名物の建物は取り壊された。
 この年の「文藝春秋」一月号に劇評家の矢野誠一が「日劇花の五十年」という劇場を追悼する一文を寄せている。なかに「本家の苦戦をしり目に、五階にある日劇ミュージックホールばかりは、連日一杯の客をエレベーターが運んでいる」と書かれてある。
 ミュージックホールは東宝の興行のなかでドル箱的存在だったからここだけは日比谷の東京宝塚劇場に移転して公演は続けることとなったけれど目論見ははずれ、結果的にこの措置は三年間の延命装置を付けたにとどまった。
 新幹線に乗っていても日比谷では何にも見えない。

by yumenonokoriga | 2012-03-30 06:37 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(2)

Commented at 2012-04-01 23:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-04-01 23:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。