朱雀さぎりの刑務所慰問

a0248606_2058824.jpg
 三代目三遊亭円之助『はなしか稼業』に刑務所へ慰問に行ったときの話がある。場所が場所だけに演題にはあれこれ気を配り、隅田川の花火見物を題材とする「たがや」とした。
 噺は快調に進んだがラスト近く、武士と桶のたがをつくる職人たがやとのいさかいを群衆が幾重にも取り巻いた場面でつまずいた。事情がわからない人が何があったのか訊ねると、知ったかぶりが、巾着切りが捕まりましたと答えたところで噺家は「しまった!」と思った。聞き手には掏摸、泥棒の受刑者が多く、会場は一瞬にして静まり返り、それまでの陽気な雰囲気は一転して凍りついてしまった。落語はそれからさきメロメロになったという。そうかと思えば九代目鈴々舎馬風は刑務所の慰問で開口一番「悪漢諸君」とやったが、誰一人腹を立てる者なく爆笑の渦だったというから演者の個性もあるのだろう。
 円之助師匠は演題を決めるとき塀のなかであまり色っぽいものはまずいだろうと考えたと書いているが、ここへ朱雀さぎりが慰問に行ったことを思えば気の遣い過ぎだったかもしれない。
 ヌードダンサーの刑務所慰問なんていまも行われているのだろうか。こんどホリエモンの塀の中からの通信でも読んでみなくっちゃ。ま、それはともかく朱雀さぎりが慰問の依頼を受けて演じたステージでの出来事。
 担当の所員が「衣装をつけてやって下さい」というので彼女は「はい、わかりましたわ」と応じたのはよかったが、ここで同床異夢というかボタンの掛け違いがあった。所員は胸は覆うようにとのつもりだったが、さぎりのほうはいつもの通りにブラジャーをはずして受刑者を感激させた。
 「ちゃんと、衣装をつけてやってくれって、さっきもお願いしたじゃないですか」となじる所員にさぎりはきょとんとして「衣装?つけてたじゃないですか。あれは、私の自前のなかでもいちばんいい衣装なのよ」と答えた。これには役人連中がギャフンとなった。
 それならそうと最初からセミヌードでやってくれとか、ヌードにならないでくれとか言うべきだわというのが彼女の言い分で、日劇ミュージックホールのステージの衣装はツンパ(パンツ)であり、彼女としては言われた通り「正規の衣装」で踊ったのだった。


*朱雀さぎりと小浜奈々子さんの血縁関係について、コメントを寄せて下さいました秋山様から、氏のお知り合いの方に、小浜さんが、いとこどうしと言明されたとの話が筆者に伝えられました。また同氏から提供を受けた朱雀さぎり「この頃 思うこと」という一文に「19年前、いとこの小浜奈々子さんにすすめられて、私はヌードダンサーになった」との一節があります。これで以てお二人の血縁関係の問題は解決をみました。ありがとうございました。なお、上の写真は「この頃 思うこと」から採りました。
[PR]

by yumenonokoriga | 2012-06-30 08:20 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)