色川武大の見たヘレン滝の店

a0248606_1141620.jpg 色川武大『あちゃらかぱいッ』にヘレン滝が有楽町に出店していたバー「長崎」の様子を語ったところがある。
 そこはカウンターだけの店で、ヘレンがママ、夫の土屋伍一がカウンターのなかでバーテンを務めていた。もっともこの二人、色川によれば女は「松竹歌劇出身で身体は大柄で艶っぽかったが、大酒呑みで、さっぱり欲がなく」男も好一対でかつての美男歌手であり、その気になれば天下に名を轟かすチャンスがあったのに「ひたすら女一筋、それもヒモ志望で、自分は何もせずに、ただセックスをして酒を飲んでいたい」うえにヒロポン中毒というのだから店が上手くいくはずもなかった。
 色川によると大酒呑みで金銭感覚を欠く二人の「どうにもならない有様」を見てみようとでもするかのようにけっこう客は入っていたというから、店は賑わっているように見えてもいわくつきで、きわめて短いあいだのバブルのようなものだった。
 案の定、ママのヘレン滝が早いうちは一人で呑み、そのうち客に合わせてチャンポンでやりだす。バーテンの伍一もいいかげんでろくすっぽ酒の分量を量りもしない。二人が酔い、勘定がわからなくなり、誰が来たのかすら覚えていない。そんなふうだからうわべは繁昌していても売り上げはほとんどなかった。
 小野佐世男「ヘレン滝の店」には「ここはいつもにぎわって、浅草のレビュー子がにぎやかに飲んでいる。ヘレンさんの関係で、舞台の人が多い」とあるが、楽屋裏は火の車でわすか三か月で店は閉じた。
 そこへ声をかけたのが日劇ミュージックホールだった。おそらく一九五二年(昭和二十七年)七月のミュージックホール開場直後あたりだろう。ただしヘレン滝は条件として土屋伍一との手切れを課せられた。『あちゃらかぱいッ』には「そうかい、まァ、どうでもいいやな、きれてやるよ」「悪いね。後足で砂をかけるようで」「いいってことよ。人それぞれだ。せいぜいがんばりな」「それじゃァね。伍ゥちゃん」とのやりとりと涙ぐむヘレン滝の姿がしるされているが聞き書きなのか作家の創作なのかはわからない。
 こうしてミュージックホールと契約したヘレン滝だったがアル中状態のうえに急速な肥満がくわわり舞台生活はわずかで終わってしまう。
[PR]

by yumenonokoriga | 2012-09-30 07:33 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)