「新谷登」を読む

a0248606_1283143.jpg
 小林信彦『日本の喜劇人』には、日劇ミュージックホールと関わりの深かったコメディアンとしてトニー谷と泉和助の名が挙がっている。
 同書新潮文庫でトニー谷の記述は十三頁にわたる。その理由として著者は「他の人とのバランスを失してトニー谷について長く述べたのは、珍しい邪道芸人の生き方をつぶさに見てきた者として、書きとめておく義務ありと考えたからにほかならない」と述べている。いっぽう泉和助に割かれたのは二頁で「ここに書いておかないと、完全に忘れられるであろう、喜劇史の裏面の人物の一人として、その名を留めておきたい」とある。「邪道芸人」と「喜劇史の裏面の人物」というのはヌード劇場にふさわしいといえなくもない。
 小林さんは、泉和助についてギャグマンとしてミッキー・安川、E・H・エリック、岡田真澄、関敬六等の面倒をみたコメディアン兼教師だったとしたうえで、他の類書とおなじく、彼のふりつけたギャグを若手当時のの左とん平がやると、がぜん光るけれど、自分で演ずるとまるでダメという評価を下している。
 テレビ放送のはじまりとともに「そろそろ、おれみたいな基礎のあるのが、出る時代じゃないかね」とみずから期待するところもあったが「あなたは、カメラに写ると、本質的に暗いので敬遠されるのだ」とはさすがに言いかねたという。
 泉和助がミュージックホールにデビューしたときは新谷登を名乗っていた。わたしはこれを新谷登を「しんやのぼる」と読んでいた。深夜(女体へ)のぼるというわけだ。ところが滝大作『とんぼを切りたかったコメディアン』所収「殴られる男」には「あらたにのぼる」とルビが振られてあった。著者はあとがきで「私の場合、実名で書くと本人、あるいは周囲の人々の気持をどうしてもおもんばかってしまう」、そこで小説形式にしたと書いているが、小説だから「しんやのぼる」を「あらたにのぼる」としたとは考えられないので、ここは泉和助存命中には深い交わりもあった著者のルビを採らなければならない。ついでながらWikipediaにも当たってみたがここも「あらたにのぼる」だったから、どうもこれまで思い違いをしていたらしい。
それにしても新谷登のように「しんたにのぼる」「あらやのぼる」「にいやのぼる」等いろいろな読みのできる名前はおぼえてもらうに難がある。これも「喜劇史の裏面の人物」らしいところかもしれない。
[PR]

by yumenonokoriga | 2013-03-30 12:07 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)