人気ブログランキング |

根津清太郎

a0248606_9214966.jpg 
 関東大震災のあと関西に移住した谷崎潤一郎が船場の大店、根津商店の若夫人根津松子を知ったのは一九二七年(昭和二年)のことだった。その三年後谷崎は最初の妻千代を佐藤春夫に譲り、翌年古川丁未子と再婚するが、松子との関係が深くなるとともに丁未子と別居し、やがて松子と同居するにいたった。
 一九三五年潤一郎は、夫根津清太郎と離婚し森田姓に戻った松子と結婚した。谷崎はその居宅を「倚松庵」と名付けたが、そこには松に倚るという妻への崇拝の思いが表されている。
 松子の前夫根津清太郎は船場の有名な綿布問屋根津商店の御曹司であり、夫妻は一男一女をもうけたものの清太郎の素行は悪く遊蕩にふけり、やがて家産を傾け、離婚のあとその生活はさらに零落していった。
 ある年の京都の顔見世で谷崎と松子が南座に入るのを見届けて「森田松子様、森田松子様、根津清太郎様がお待ちです」とアナウンスさせたという逸話が残っている。戦時中には北海道で事業に手を出したこともあったそうだが経営者としての訓練は受けていない彼には無理な話だった。
 戦後の清太郎については丸尾長顕『回想 小林一三』に詳しい。
 みじかい期間ながら丸尾長顕に拾われて日劇ミュージックホールではたらいている。ジプシー・ローズがミュージックホール入りしたころというから昭和二十年代末だっただろう、丸尾長顕のところへ、自分はいま藤沢に住んでいるが金を落としたので借してほしいとやって来たことがあり、丸尾は根津に千円渡したという。もとより電車賃云々は嘘で、それほどに追いつめられていた。丸尾は谷崎松子とは遠い親戚で、また幼なじみでもあった関係から清太郎とも面識があった。
 まもなく清太郎は鎌倉の丸尾長顕の自宅を訪ね、玄関から通るような身分ではないからと断ったうえで、小樽へ出て造船業をやり、それも失敗し、いまはなすすべもなく生きているばかり、職を失い、家も財産もなく、藤沢でおふじさんという女性と同棲しているという当時の身の上を打ち明け、そうして懇願したのである。
 「お助けを願います。何でもいい、仕事をさせて下さい。ミュージックホールの掃除番でも結構でございます」と。
(写真は谷崎松子)

by yumenonokoriga | 2013-06-30 09:20 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)