メモランダム

a0248606_10295374.jpg 写真は落合登が描いた日劇ミュージックホールのパンフレットで、Noboruのサインがあります。せっかくだからこれを紹介したうえで落合登についての記事を書こうと考えましたが、そうするだけの材料がありません。そこで今回は、手許の執筆メモのうち、どうも独立した記事になりそうもないことがらを寄せ集めてみました。
          □
 落合画伯の作品ほどレベルが高かったとは思えないが、日劇とおなじく浅草のストリップ劇場にも絵看板は掛かっていて、永井荷風が「花時や裸体踊(はだかをどり)の絵かんばん」「春風やはだか踊の絵看板」の句に詠んでいる。
         □
本コラムで以前に採りあげた矢野誠一『舞台人走馬燈』(早川書房)に「松永てるほの美貌、アンジェラ浅丘の野性味、小浜奈々子の気品、朱雀さぎりの豪放さ、高見緋紗子の愛敬、明日香ミキの哀愁」という一節があり「明日香ミキ」は「明日香ミチ」に訂正して引用させていただいた。「明日香ミキ」さんはおなじ著者の『昭和の藝人 千夜一夜』 (文春新書)にも登場する。つまり「ミキ」は誤植、誤記ではなく著者の思いこみ、記憶違いから来ている。ちょいと確認しておけば避けられたミスだが、けしてそれをどうこういうのではない。ただ、著者の記憶違いを指摘できる編集者もいなかった、それだけミュージックホールは過去のものとなった、時代が付いたんだなあと思う。
          □
谷崎潤一郎『卍』の園子は友だちの光子の美しさに見とれ「うち、あんまり綺麗なもん見たりしたら、感激して涙が出て来るねん」と言いつつ涙を流す。作中おなじ園子の言葉に「あんた、映画女優の裸体見て見てつくづく綺麗やなあと感じたことあらへんか?うちやつたらそんな時えゝ景色見るのんと同じやうに、うつとりとして何ちふことなしに幸福な、生きがひある感じして来て、しまひに涙出て来んねん」とある。いずれも谷崎が自身の感覚のよろこびを園子に託した言葉だ。昭和三年発表の『卍』だが、二十数年ののちに谷崎はミュージックホールで春川ますみを大のひいきとした。心中その肌に涙したのかもしれない。
[PR]

by yumenonokoriga | 2013-07-30 10:24 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)