人気ブログランキング |

丸尾長顕にとっての『楢山節考』

a0248606_937239.jpg
 丸尾長顕「楢山節考ざんげ」に第一回中央公論新人賞の授賞式の写真がある。審査員のひとり伊藤整がマイクの前に立ち、うしろに深沢七郎、丸尾長顕、嶋中鵬二中央公論社社長の三人がならんでいる。
 嶋中社長は作品掲載誌と授賞式の主催者だから当然として、丸尾長顕がひな壇に立つのは異例であり、丸尾自身もその点は承知していて「しかし何故師匠のボクが授賞式に弟子と並んで舞台に立たねばならなかったのか、そのいきさつをいま思い出すことができない」と書いている。
深沢の師に対する深謝の気持がひな壇に立たせたのか。あるいは深沢と中央公論社が、もともと作家志望だった丸尾に花を持たせたのか。そのいっぽうでは丸尾の弟子を誇示する気持や自己顕示欲のあらわれというふうな解釈も可能であろう。
 「楢山節考ざんげ」には、大宅壮一をはじめ幾人もが『楢山節考』は丸尾が書いたものではないかと疑っていたとある。なかでも大宅は、いまさらキミ自身が応募小説を書いたとあってははずかしいものだから他人の名前を使ったのだろう、あの小説にはキミが好んで使う独特のニュアンスのある文章が十数箇所ある、それらは指摘もできると問いつめた。
 丸尾は、師匠の文章は弟子に影響するし、だいいち自分がペンをとって添削したのだったら五回も書き直させる必要はなかったと抗弁し、さらに深沢が受賞後に発表した「東北の神武たち」が大宅の虚説を払拭したと述べている。
 要約すれば上の通りだが、カネをめぐる深沢との亀裂を語る文章のなかのこの箇所は『楢山節考』は深沢と自分とのほとんど共作に近いものだったんだよとほのめかしているとしか読めない。
 丸尾の抗弁に大宅壮一は納得したそうだが、ここにあるほのめかしはいまも生きていて、丸尾が深沢の持つ川船で『楢山節考』を閲読したとき船上にいた画家でイラストレイターの久里洋二は半世紀以上経ったいまもこうつぶやく。(『ボクのつぶやき自伝』)
〈『楢山節考』は深沢君が全部自分で書いたのだろうか?船での会話ではほとんどの部分に丸尾さんが手を加えているようだった。細かいアイディアですら丸尾さんに聞いていた。しかし結果的に深沢君が受賞し、何かあったのか、深沢君は二度と丸尾先生とは会わなかった。深沢君は日劇MHの出演もやめてしまった。〉

by yumenonokoriga | 2013-10-30 09:36 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(2)

Commented by saheizi-inokori at 2013-10-30 09:39
貴重な写真を拝見しました。
Commented by yumenonokoriga at 2013-10-30 21:28
本ブログを書き進めるうちに、いろいろ見えてくるものがあります。ありがとうございます。