「ファイアbyルブタン」

a0248606_10434577.jpg 
さきごろ「ファイアbyルブタン」という映画を観た。先年フレデリック・ワイズマンが撮った「クレイジーホース☆パリ 夜の宝石たち」とおなじくクレイジーホースのショーがスクリーンで演じられているのだが、今回は3D映像。
 二0一二年パリのナイトスポットの殿堂クレイジーホースはゲストアーティストに高いヒールと底の赤を特徴とする世界的シューズデザイナークリスチャン・ルブタンを招き、彼の希望で映画監督でもあるデイヴィッド・リンチが音楽を担当した、そのショーは〈FIRE〉。八十日の期間限定で公開され、パリのショービズ界の絶賛を博したという。
 映画は舞台のプログラムが3D映像に再構築され、これにルブタンのコメントやダンサーたちのインタビューで構成されている。完璧といってよいボディラインの美女たち。靴と脚線のフェティシズム。華やかな美とエロティシズムの饗宴を3Dの映像技術があらゆる角度から捉える。
 一九六三年生まれのルブタンがシューズデザイナーを志したのは、ダンサーの脚線に惹かれてその靴をデザインしたいと思ったのがスタートだった。ファッションモデルじゃなくてダンサー。直線で鋭角的なモデルじゃなくて柔らかい曲線のダンサーのための靴をデザインしたかったんだと述べている。
 今回の仕事については「仕事のオファーははじめは断りを入れ、そこから自分が本当に出来るだろうか検討してゆくんだけど、今回はまず引き受けた。いつもとは反対にね」と語っていた。
 浅草の劇場に日参して楽屋で女優、踊り子と過ごすのをたのしみとした永井荷風は「渡鳥いつかへる」「停電の夜の出来事」「春情鳩の街」といった軽演劇の脚本を書き、「春情鳩の街」のときは自身舞台に立った。春川ますみが贔屓だった谷崎潤一郎また日劇ミュージックホールのために「白日夢」を舞台にのせ丸尾長顕とともに構成・演出者に名を列ねた。三島由紀夫は日劇ミュージックホールの脚本を書いて謝金をもらった際、丸尾長顕に、なんだこれっぽっちかと言ったそうだが、おそらくうれしいのを照れ隠ししてたんだと思いますね。
 こうして美しい裸のために才ある男は一肌も二肌も脱いだ。今回そこにクリスチャン・ルブタンがくわわったのである。
[PR]

by yumenonokoriga | 2014-01-25 10:40 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)