人気ブログランキング |

小浜奈々子、松永てるほ、岬マコさんにお目にかかりました②

a0248606_10272716.jpg
小浜奈々子、松永てるほ、岬マコさんにお目にかかったときの話しから、これまでの本欄の記事を修正もしくは補足しておかなければならない箇所がありますので以下述べておきます。
 まず昭和三十三年下着デザイナー鴨井羊子が監督した映画「女は下着でつくられる」の出演者としてわたしは小柳祥助『G線上のマリア』を典拠にジプシー・ローズ、奈良あけみ、小浜奈々子と列記していて、このときのことを小浜さんにお訊ねしたのですが、それにはわたしは出ていない、「まだぺーぺーだったから、とてもあの人たちとごいっしょするなんて」とおっしゃっていました。映画を観れば確認できることなのですが、まだ機会がなく、ここでは当事者の言葉を載せておきます。
 これに関連して、小浜さんはジプシー・ローズとおなじ楽屋だったとき、ジプシーが泥酔状態で、しかも冬だったからしきりにストーブへもたれかかろうとするので気が気じゃなかったとミュージックホールを去る直前のジプシー・ローズを語っていました。
 その小浜さんの最後の舞台となった「すべて乳房からはじまる」に、それまで行方知れずとされていたヒロセ元美がとつじょ振付のスタッフとしてパンフレットに載っていて、どういった事情があったのか質問したところ、小浜さん、松永さん、岬さん一様にそうした事実は知らなかったし、ヒロセ元美さんにはお会いしたこともないとおっしゃっていました。でも、たしかにスタッフに名前を列ねているので、どう考えたらよいのかとまどっていると、てるほさんから「もしかすると振付の担当が別の場所でヒロセさんから指導を受けていたのかも知れないし、あるいはヒロセさんが図示した振付をミュージックホールが買い取ったことも考えられますね」との話しがありました。
 それからわたしが探しあぐねている虫明亜呂無が松永てるほを讃えた詩(美しい五月、その夜空には松永てるほが似合う、といった一節があったような気がする)をてるほさんにお訊きすると、虫明さんは記憶にあるけれど、詩についてはまったく知らないとのことでした。探索続けます。
 といったところでこの場であらためて小浜奈々子さん、松永てるほさん、岬マコさんに、また貴重な機会を設けてくださいましたN氏にお礼申し上げます。

by yumenonokoriga | 2014-05-20 06:15 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(2)

Commented by シニア・ナビ事務局 at 2014-05-21 18:34 x
はじめまして。シニアナビ事務局と申します。
突然のコメントで申し訳ございません。

私たちはシニア向けのコミュニティサイト「シニア・ナビ」を運営しております。シニアナビはお持ちのブログ登録が出来き、シニアナビ内でこちらのブログを公開する事ができます。

メンバーにいつまでも楽しんで頂けるよう、また新しい趣味や生きがいをお探しの方に役立つサイトを目指して、日々、イベントなどを企画して発信しております。

こちらで日々書かれている素晴らしいブログをシニアナビでもご披露いただけないでしょうか? 私達は、皆様が書かれているブログを通してシニアの皆様にそれぞれの生活、趣味、生き方をお伝えし、ご自身の生活をより豊かなものにしていただきたいと考えています。ぜひご協力いただければと思います。

また、シニア・ナビに遊びに来ていただけると嬉しいです♪
Commented by yumenonokoriga at 2014-05-22 11:27
お便りありがとうございます。当ブログのシニアナビへの掲載は異存ありません。といっても手続きその他の用件がわかりませんので、よろしければ下記のメールアドレスで教えていただければ幸いに存じます。よろしくお願いします。
nmh470530@gmail.com