人気ブログランキング |

「花は絢爛と夜開く」

a0248606_1059984.jpg 
 昭和二十九年元旦、日劇ミュージックホール第十七回公演「花は絢爛と夜開く」
が開演した。ヌード陣は伊吹まり、メリー松原、奈良あけみ、マリア・ローザ、桜洋子、春川ますみが名を列ねている。
 この舞台には古川ロッパが出ていて第十一景「東京の蝶々さん」というおよそ二十分の寸劇を演じた。ロッパは直前の公演「恋は陽気に戯れて」にも日替わりのゲストとして出演しているが、今回は一月十六日までのレギュラー出演である。演じたのはアメリカ空軍キャプテン、ピンカートンという人物で、アメリカ人客を意識した出し物だったようだ。日記には、初日の「出の前に、ファンファン坊やと並んで姿見の前に立」っているという記述がある。ファンファン坊や、すなわち岡田真澄、当時十八歳だった。
 古川ロッパはメモ魔でかつ膨大な日記を残していて、その日記は滝大作氏の監修で『古川ロッパ昭和日記』(晶文社)として刊行されている。
 開幕に先立ちロッパは十二月三十日と三十一日に舞台稽古をおこなっている。三十一日には客席に下りてヌード嬢の稽古を眺め「ヌードのダンス、いやもう立派なもんです。ここは高級ヌード劇場として成功した」とその感想をしるしている。
 初日の幕が開いた。「打込みからもう満員」「客席のドまん中迄出てゐる円形の舞台の上での芝居は、三方から見られてゐるので、映画の撮影でもしてゐるやう、舞台でやつてる気分ではない」(一月一日)。「デベソ」で演じるのはフラットな舞台とはだいぶん勝手が違うようで、こうした記述は出演者ならではのものだ。
 「すれちがふストリッパーたちの立派なからだに圧倒される、ここでは、かよはき男性などといふ言葉も通じるべし。かういふ健康な若き肉体の在ることは知らなかったな、感心する」(一月四日)。こちらは出演者の余得と言うべきか。
 楽屋風景では、かつてのヘレン滝のつれあいで、彼女の日劇小劇場出演と引き替えに手切れを課せられた土屋伍一が指圧師として楽屋に出入りしているのが目を引く。伍一の指圧はよく効く、いい心持でまともな男なら月決めで雇いたいくらいだが「性格破産者のいかれ男、これを雇ふわけにも行かず、困ったものだ」とロッパは書いている。

by yumenonokoriga | 2014-06-30 08:56 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(2)

Commented at 2014-07-01 06:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumenonokoriga at 2014-07-01 16:45
kawaさま
お便りありがとうございます。吉行淳之介や遠藤周作のエッセイには少しばかりミュージックホールの鉱脈がありそうですね。