人気ブログランキング |

脚線美

a0248606_1042698.jpg
 日本の創作ミュージカルの草分け的存在でありテレビ朝日の音楽番組「題名のない音楽会」の企画構成者としても知られる藤田敏男は日劇ミュージックホール
昭和五十年(一九七五年)九月十月公演「ニンフェットは蜜がお好き」と翌年同月の「柔肌を濡らす甘い蜜」で演出を担当している。
 パンフレットに寄せた「ミュージカルと脚線美」で演出家は「ウエストサイド物語」の作曲者レナード・バーンスタインの、ミュージカルはドラマと歌とダンスとスペクタクルと脚線美との言葉を引いて「私は特に〈脚線美〉という言葉を重視したい。というのは、私が最も共感を抱くのはその点で、日本製のミュージカルにはあまりに脚線美がなさすぎると常常思っているからです」と述べている。
 ハリウッドに脚線美の魅力をもたらしたのはミュージカル映画だった。脚線美の歴史を語るときミュージカル映画は欠かせない。それはミュージカルのひとつの出発点でありながら日本の現状ではあまりにおざなりにされていると判断していた藤田がミュージックホールの演出を引き受けたのも、ここには日本のショービジネス界で閑却されているものが確実に存在するからだったという。
 もっともなはなしでミュージックホールの生みの親である丸尾長顕からしてレッグアートをとても重要視していた。しばしば足はセックスを支える柱であり、セックスにおける「ローマへの道」だと強調した丸尾はその著『情事の手帳』にこうしるしている。
〈私の好みからいえば、足の美しくない女性は、絶対に性的対象にならない。足が美しくすんなりしていることは、長いということであり、足が長ければ背が高いということになる。私などサバをよんで五尺一寸の小柄だが、恋人や女房は五尺三寸以上あって、ハイヒールなど穿かれると、私の顔はオッパイのあたりにしか達しないのだが、それでも私は、足の長い女性以外には性的魅力を感じないのである。従って、私はいつも恋人や女房からは、見下ろされることを覚悟しなければならない宿命にある。〉
 この人の自慢話につきあうのはほどほどにしたいが丸尾長顕や藤田敏男の気持はよくわかる。

by yumenonokoriga | 2014-07-30 08:03 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(4)

Commented by 秋山薫 at 2014-08-04 14:27 x
記事ランキングトータルNO1は朱雀さぎりのデビューじゃないですか。
Commented by 秋山薫 at 2014-08-04 15:10 x
朱雀さぎりもS33-7のデビュー時からS56-7,8の引退まで後半は堂々たるトップスター街道を歩んだとはいへ18才の娘さんから41才の女盛りの女になる迄相当の苦労があったと思います。
Commented by yumenonokoriga at 2014-08-05 08:40
☆秋山薫さま
おたよりありがとうございます。朱雀さぎりさんを追懐する方が多くいらっしゃるんでしょうね。YouTubeの映像効果も大きいのかもしれません。
Commented by 正ちゃん at 2019-07-26 18:53 x
 「脚線美」ですかぁ。小生も本意見に大賛成です。
女性の陰部を申し訳程度に隠したパンツは、大好き
ですね・・。猥褻な話しを今回は延々と書かせて
ください。小生が深夜番組で、日劇MHショーを
観ていたのが72年~77年頃であり、小生は10代
でしたけど、当時は踊り子のあの派手なパンツを、
{ツンパ}と呼んでたそうですね。(この熟語、口に
するの恥ずかしいけど。)または、バタフライという
のかな?Tバックなんて単語は、まだない頃でしたね。
このツンパとやらの衣装は、当時一着約10万円の
予算掛かったそうで、今でいえば、いくらになるの
だろう?また、これをつけて踊ってるダンサーの方々も
恥ずかしいだけでなく、腰とか股間とかが痛くなかった
のだろうか?お尻の割れた(?)処に紐一本、褌みたいに
食い込んで、それを公衆の前で堂々見せて、死ぬ程恥ず
かしかったんじゃないか・・私は、思春期時代日劇MH
のダンサーの方々に、すっかりぞっこんになってしまっ
たのでした。特に、言うまでもなく、舞さんにすっかり
刷り込み(そりこみ)入れられてしまったのでした。

 でも、確かに、80年代なかばあたりから、ツンパ
以上の、ヘアーが現われ出したもんなあ。ツンパさえ、
取っちゃった性文化の出現だもんなあ。日劇MHが
84年に閉館になったのは、時代のためだったのは
仰しゃる通りかな・・。本当は見えるか見えないかが
良いんですがね。
 とにかく、ツンパを考えたのは、どなたか分かりま
せんが、70年代、世界一美しいデザインのパンティが
ツンパでした。