人気ブログランキング |

チーズケーキ

a0248606_9233996.jpg 
マディソン・S・レイシー編『ハリウッド製チーズケーキ』という写真集がある。編者はハリウッドのごく初期から映画界で仕事をしてきたポートレイトカメラマンだ。その昔、丸善やイエナ書店へ行くたびに探してみたがとうとう見つからなかった幻の本だが、さいわいなことに一九八一年刊行の本書が一九九六年になって翻訳され伴田良輔編訳『脚線美伝説 レッグアートの女神たち』(KKベストセラーズ)として刊行された。
 チーズケーキは辞書によるとセクシーな女性の肉体美を見せる写真、セクシーな女性の魅力とある。どうしてチーズケーキがそうなったのか。
たとえば見事に撮られたチーズケーキの写真を見て、こりゃうちのかみさんが焼くチーズケーキよりもおいしそうだと誰かが言ったところから来たという説や初期のハリウッドでは美人女優の豊かな胸をカップケーキと称しており、彼女たちの写真を撮るときにはチーズと言わせて微笑みの表情をさせていたことから、カップケーキとチーズが合体したとする説がある。いずれにせよ女性の魅力を、狭義には脚線美をテーマに撮った写真で、だから原書の副題は「レッグ・アートの六十年」とされている。
 『本についての、僕の本』でこの本を紹介した片岡義男は「ひとつひとつを見ていくと、まったく飽きない。脚はすなわち性なのだから飽きるわけないのだが、性のシンボルはハリウッドにおいてはたいへん高度にそして人工的に様式化されているから、写真をながめる行為は二重三重に面白い」「どの女性たちも、きれいな脚をしている。これならシンボルになり得るだろう。(中略)聞いたことがあるようなないような名前の美女たちの脚が、本を手にした観客である僕に、しきりになにごとかを語りかける。よく名前を知っている女優たちも、語りかけにおいては負けずに雄弁だ」と述べている。
 日劇ミュージックホールの舞台写真を撮りつづけたカメラマン稲村隆正は「そうするとあれですか。イングリッド・バーグマンにしろ、グリア・ガースンみたいな人にしろ、稲村さんはどちらかというと容貌を見てすっと脚に目がいきますか」とのアサヒカメラ編集長岡井輝雄の問いに「そうですね。腰から下の線にあこがれる」と答えている。
 稲村の写真集には「日本製チーズケーキ」の趣がある。

by yumenonokoriga | 2014-08-05 08:22 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)