NMHOG会の記(三)

a0248606_10225569.jpg
 懇談会のあとはいよいよ開宴。料理とお酒が運ばれて来て、松永てるほさんが乾杯の音頭をとった。
 しばらくは歓談のひととき。ミュージックホールに出ていたころはあんなに飲んでいたのにいまはだめとおっしゃる方もいたが、見ているとなかなかどうしてよいお酒だ。きょうは特別の一日だったのだろう。わたしの眼には森サカエ、松永てるほ、岬マコさんはよい飲みっぷりと映りました。
お酒もそこそこ入ったころ森サカエさんにリクエストが寄せられた。日本レコード大賞功労賞の受賞者にカラオケでリクエストできるのもおなじ舞台に立った絆があるからだろう。
 「わたし、カラオケで歌ったことないのよ」と言いながら、森さんが選曲したのは”Love is a many Splendored Things”、そう、ウィリアム・ホールデンとジェニファー・ジョーンズによる香港を舞台にしたラブロマンス「慕情」のテーマである。声量ゆたかで力強い歌声は若いときとまったく変わりない。天性の資質とともに日頃の鍛錬に負うところが大きいのだろう。ともあれこうしたかたちで森さんの歌が聴けるなんて、それだけで感激である。
 森さんのあとは堰を切ったようにみなさんがマイクを握る。小浜奈々子さんが歌えば、妹の西崎ぼたんさんも負けていない。ぼたんさんは病後とおっしゃっていたが迫力ある歌声はそんなことを微塵も感じさせず、この歌声にインスパイアされたのか小鳩みきさんが踊りを添えた。そうして小鳩さんはひと踊りのあとは自身がマイクを握り、呼吸ひとつ乱れもみせず朗々とした歌声を披露。これもミュージックホール時代に躰を鍛えた賜物だろう。
 そして岬マコさんと松永てるほさんが続く。マコさんはミュージックホールのステージで歌っていたし、てるほさんもレコードを吹き込んでいるから当然だとしても、みなさんお上手で、ひょっとすると小浜さんのレコードもあるのかもしれない。いずれにせよ司会の西条昇氏が語っているように「日劇は語られてもミュージックホールが語られる機会は少なく」資料の整備はこれからの課題だ。
 てるほさんやマコさんが歌う頃になるとわたしは素敵な雰囲気とめっぽううめえ酒で酔眼朦朧の域に近くなり、われに返ると森サカエさんを中心にみんなで「明日があるさ」を合唱していて、そのリフレインのところで森さんからマイクを渡され、あわてて「明日がある、明日がある」と歌っていたのだった。
(写真は舞悦子(左)と水原まゆみ。OG会のあと未知の方から、舞悦子さんのお元気なことを願っています、OG会では話題に出なかったでしょうか、よろしければご迷惑のない程度でけっこうですので教えてくださいといった主旨のメールが寄せられた。長年にわたるファンの心情にこちらの胸も熱くなった。)
[PR]

by yumenonokoriga | 2014-08-30 08:10 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)