人気ブログランキング |

NMHOG会の記(三)

a0248606_10225569.jpg
 懇談会のあとはいよいよ開宴。料理とお酒が運ばれて来て、松永てるほさんが乾杯の音頭をとった。
 しばらくは歓談のひととき。ミュージックホールに出ていたころはあんなに飲んでいたのにいまはだめとおっしゃる方もいたが、見ているとなかなかどうしてよいお酒だ。きょうは特別の一日だったのだろう。わたしの眼には森サカエ、松永てるほ、岬マコさんはよい飲みっぷりと映りました。
お酒もそこそこ入ったころ森サカエさんにリクエストが寄せられた。日本レコード大賞功労賞の受賞者にカラオケでリクエストできるのもおなじ舞台に立った絆があるからだろう。
 「わたし、カラオケで歌ったことないのよ」と言いながら、森さんが選曲したのは”Love is a many Splendored Things”、そう、ウィリアム・ホールデンとジェニファー・ジョーンズによる香港を舞台にしたラブロマンス「慕情」のテーマである。声量ゆたかで力強い歌声は若いときとまったく変わりない。天性の資質とともに日頃の鍛錬に負うところが大きいのだろう。ともあれこうしたかたちで森さんの歌が聴けるなんて、それだけで感激である。
 森さんのあとは堰を切ったようにみなさんがマイクを握る。小浜奈々子さんが歌えば、妹の西崎ぼたんさんも負けていない。ぼたんさんは病後とおっしゃっていたが迫力ある歌声はそんなことを微塵も感じさせず、この歌声にインスパイアされたのか小鳩みきさんが踊りを添えた。そうして小鳩さんはひと踊りのあとは自身がマイクを握り、呼吸ひとつ乱れもみせず朗々とした歌声を披露。これもミュージックホール時代に躰を鍛えた賜物だろう。
 そして岬マコさんと松永てるほさんが続く。マコさんはミュージックホールのステージで歌っていたし、てるほさんもレコードを吹き込んでいるから当然だとしても、みなさんお上手で、ひょっとすると小浜さんのレコードもあるのかもしれない。いずれにせよ司会の西条昇氏が語っているように「日劇は語られてもミュージックホールが語られる機会は少なく」資料の整備はこれからの課題だ。
 てるほさんやマコさんが歌う頃になるとわたしは素敵な雰囲気とめっぽううめえ酒で酔眼朦朧の域に近くなり、われに返ると森サカエさんを中心にみんなで「明日があるさ」を合唱していて、そのリフレインのところで森さんからマイクを渡され、あわてて「明日がある、明日がある」と歌っていたのだった。
(写真は舞悦子(左)と水原まゆみ。OG会のあと未知の方から、舞悦子さんのお元気なことを願っています、OG会では話題に出なかったでしょうか、よろしければご迷惑のない程度でけっこうですので教えてくださいといった主旨のメールが寄せられた。長年にわたるファンの心情にこちらの胸も熱くなった。)

by yumenonokoriga | 2014-08-30 08:10 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(8)

Commented by 正ちゃん at 2019-07-12 20:17 x
 いきなり、突然で申し訳ございません。
 私はブログ歴10年の者ですが、舞 悦子さんは、
私の初恋の方です。
 悦子さんは、私の母であり妻であり恋人です。
Commented by 正ちゃん at 2019-07-12 20:57 x
 私は、アメーバで永年ブログをやってる者
ですが、舞 悦子さんは、クレオパトラ、小野小町、
マリリン・モンローに比肩するくらい、歴史に名まえ
が残ってもいい超綺麗な方とこころに残っております。
Commented by 正ちゃん at 2019-07-12 21:27 x
 私は、日本で第一次オイルショックが起きた頃、
思春期を迎えた者です。まだ、DVDどころか、
ビデオさえ無かった頃、深夜番組で舞 悦子さんの
ライブ、親の目を盗んで鑑賞させて頂いてました。
この方は物凄い美人、けた外れの美人なんてもん
じゃなかった。私は、悦子さんより一回り年下ですが、
私にとっては、山口百恵さん、桜田淳子さんより
この方のほうが、よっぽど弥勒菩薩様でした。
Commented by 正ちゃん at 2019-07-12 22:58 x
 日劇MHのダンサーがレコードも出していた
という話しは聞いてましたけど、舞 悦子さんも
絶対出すべきだった!!!
Commented by yumenonokoriga at 2019-07-17 09:56
> 正ちゃんさん
本欄の記事は書きつくした感があり、更新も滞っていますが、こうしておたよりをいただくととてもうれしく存じます。
Commented by 正ちゃん at 2019-07-18 16:40 x
 yumenonokorigaさん、返戻のコメ
本当に有難うございます。
 「日劇ミュージックホールの文学誌」、良い
ブログ集発見致しました。ひとつひとつ拝読させて
頂きます。

 それにしても、肝心の舞 悦子さんの記事が
あまり見当たらないです。

 私は、小さい頃から障害者です。したがって
一生涯独り身でした。結婚ですけど、私も今迄
随分一生懸命頑張ったのですが・・。
 私は、舞 悦子さんの偶像を愛し続けることに
一生を捧げるのです。私は10年くらい前から、
ネットで悦子さんのことを調べ、70年代に出版
された、悦子さんのグラビア、インタビュー記事等
が掲載された雑誌、(週刊プレイボーイ、週刊文春、
週刊現代ets・・)そして、悦子さんがご出演なさ
れた日劇MHのパンフレット等、このお方に関する
ものをヤフオクで発掘し、コレしております・・。
今では、だいぶ貯まりました。
中学生じゃあるまいし、いい歳してヲタク族みたい
なことやってる、変質者っぽい老人です、私は。
放っといて下さい。私は、これからも余生を舞さんの
お宝物を発掘し続けます。
 書きたいことは、まだ、山の様にありますが、
長くなりすぎますので、以降は次回に・・。
Commented by yumenonokoriga at 2019-07-19 10:16
> 正ちゃんさんコメント拝読しました。ありがとうございます。おっしゃる通り、舞悦子さんの記事少ないですね。記事は多く活字になった資料に基づいていますので、そうした資料が手許になくて申し訳ないです。結婚されて舞台を引かれましたので、トップダンサーだった期間は比較的短かったように記憶しています。
Commented by 正ちゃん at 2019-07-20 13:01 x
 舞 悦子さんは、67年デビュー、78年に結婚
して引退するまで、11年人気スターの座にあり、
TVのナイトショー出演でも話題を呼んでいた、
日劇MHの人気を、独り占めしていた。23時ショー
(NET系)のヌード・ファンタジアに、舞さんが
登場する夜は、視聴率がひとけた上がった・・
という記録の資料があるんですがね。舞さんの後輩の
ダンサーは「どうしたら、悦子おねえみたいな男を
とろけさす色気が出せるのか、自信なくしちゃう」と
語ってました。

 小生も、70年代なかば頃、一番人気あったダンサー
が舞さんだと記憶してます。当時、TVのナイトショー
は彼女のひとり舞台だったと憶えてます。それだけ
存在感強い爆弾美人が、舞さんでした。その彼女の
資料が残ってないとは残念です・・。