奈良あけみと力道山

三代目市川左團次は晩年、丸尾長顕に「奈良あけみはいいよなア」と語ったという。おなじく七代目尾上梅幸も彼女のファンだったそうだ。
いずれも「週刊実話」昭和四十七年三月十三日号に載る丸尾長顕「ヌード界今昔つや情報 力道山に処女を捧げた奈良あけみ」にある話だ。ほかにも彼女に心を寄せた男としてフランキー堺、舟橋元、伊豆肇、梅若正二の名前が見えている。
そうしたなか「それをさっと力道山の烈しい恋が、横から奪ってしまった」「二人の恋は急に燃え盛って、結局奈良の告白では彼女の初めての男が力道山だったらしい」と丸尾は書いている。
どのような事情があったのか知らないが力道山と奈良あけみの恋は成就しなかった。力道山の伝記はいくつかあるはずだが、そこのところの機微に触れたものがあれば読んでみたい。
a0248606_11535913.jpg
[PR]

by yumenonokoriga | 2015-03-10 11:55 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)