人気ブログランキング |

立ち見の客

 「アサヒグラフ」昭和五十二年一月二十八日号に「二十五周年を迎えたヌードの殿堂」という記事があり、「’77乳房の祭典」が紹介されている。トップスターに朱雀さぎり、そのあと舞悦子、高見緋紗子、岬マコ、浅茅けいこたちがつづいている。トニー谷がゲスト出演しているのが二十五周年にふさわしい。
 なお下の朱雀さぎりの艶姿は同誌より引用させていただいた。
 「二代目」というペンネームの方が「明るく、のびやかなエロチシズム」と題した記事を書いていて客席風景の普通の劇場とちょっと違うところと、まったく違わないところの描写をなつかしく読んだ。
 「たまたまウイークデーの昼間のステージだったが、定員四百人のところが超満員なのである。しかも、空いている左右の席に座らずに、正面の後方にみな立って見ているのが、普通の劇場とは、ちょっと違うところだ」
 「かぶりつきに身を乗り出すでもなく、口笛や掛け声をかけるでもなく、拍手と笑い声だけで、普通の劇場とまったくちがわない。女性の姿も多くて、劇場の話では約一割は女性客だという」
 そういえばわたしははじめから立ち見をしたおぼえはないが、ステージが終わり客席を立ったものの、もうすこし観たいなと次のステージの前半を立って観たことが何回かあったのを思い出した。
 劇場の見取り図をご覧になればおわかりのように左右の端っこの席にくらべると正面、照明室の下あたりからの立ち見は座るかどうかを別にすれば特等席だった。

a0248606_107750.jpg
 

 もっともこれは有楽町のころのはなしで、日比谷の劇場は舞台と客席との角度が悪くて、指定席はともかく一般席の多くは有楽町時代の左右の端の席のようなもので、それに立ち見のスペースはなかったから「二代目」さんに倣って言えば、構造面で普通の劇場にくらべるとだいぶん劣っていた。
a0248606_1074910.jpg

by yumenonokoriga | 2016-07-28 10:14 | 日劇ミュージックホールの文学誌 | Comments(0)